田舎家の美味しいパエリアレストラン「Alquería de la Font d’En Corts」@バレンシア

地元バレンシア人お勧めのレストラン「Alquería de la Font d’En Corts」

2月終わりにスペイン人夫の同僚でから「美味しくて安い!」と教えてもらったレストラン「Alquería de la Font d’En Corts」でバレンシア風パエリア(Paella Valenciana)を食べてきました。

いやー、めちゃくちゃ美味しかったです! 塩加減は日本人的にパーフェクトでここは頻繁に訪れたいかも。

お店の名前にもある、Alquería(アルケリア)とは、人里からちょっと離れた田舎家・農家と言った意味です。 バレンシアには、Alquería(アルケリア)をレストランにしている所結構あります。

ただ現在ここはバレンシア市内なの、畑もあるけれど一応周りに家もあります。

Alquería de la Font d’En Corts」の敷地内には広いテラスもありますが私達は室内へ…こんな素敵な2階席に案内されました。

テラスでのご飯は素敵ですがたばこの煙が苦手な方や暑さ・寒さに弱い方は室内が無難です。

前菜はまずはバレンシアでよく食べられる桜貝の一種Tellinas(テジーナス)。
他のスペインの地域ではCoquinas(コキーナス)の呼び名の方が一般的かもしれません。

身が大きくてふんわりしていたのにいくつか砂が残っていて、美味しかったのにちょっと残念でした。

こちらはHuevas de Sepia(イカの卵巣、チチコ)と季節ものアーティチョークをオリーブオイル・ニンニク・パセリで炒めたもの。

スペインのレストランでイカの卵巣は初めて見たかも…プリプリ&トロトロで美味しい!! 食感が好きな人はドはまりすること間違いなし。

メインはバレンシア風パエリア(Paella Valenciana)。鶏肉・ウサギ肉・ガラフォン豆・モロッコインゲン・カタツムリのパエリアです。

バレンシアでただ「パエリア」と言えばこのバレンシア風パエリアの事をさし、バレンシア人のソウルフード。

私とスペイン人夫は初めてのArrocería(お米料理専門店)では必ずバレンシア風パエリアを注文すると決めています。いわばこれが美味しいか美味しくないかで再訪を決める指標です。

1人前12ユーロで、バレンシア中心部の有名店で食べるより安い! 一番高いロブスターのパエリアも18ユーロです。

Alquería de la Font d’En Corts」のバレンシア風パエリアは、鶏肉・ウサギ肉そして鴨肉入りでした。

鴨肉からも良い出汁が出ています。野菜もたっぷりでガラフォン豆もホクホク&よく出汁を吸っています。

塩加減はパーフェクトと言っていいんじゃないかな。パエリアは塩辛いことが多いんですが(そういう物だから)これは日本人にも美味しいと感じる塩加減。スペイン人夫、友人、私で夢中で食べました。本当に美味しかった!

ただこの店は量が多いよと聞いていたのですが、それほどでもないな…と思ったら、なぜか3人の予約なのに2人分のパエリアで注文が通っていたそうです。会計時に気が付きました。

私のスペイン語レベルが…と言う問題ではなく、予約をしたのはスペイン人夫なので、本当に何がどうなったか単なる行き違い。こんなこともあるんですね(笑)

パエリアが2人分だったのでまだまだお腹に余裕があり1人1つデザートを頼みました。

手前のデザートは私が見た目にノックアウトされたデザート…ただプリンを裏返しにのせて上に生クリームのせているだけ(笑)プリンは固すぎず・柔らかすぎず甘さもいい感じで、ビジュアルもいいし気に入った!!

スペイン人夫はオレンジのティラミスを頼み、可もなく不可もなく。 (画像後ろ右)

こちらはバレンシアの伝統的なデザートでArnadi。実は初めて食べました。バレンシアでよくデザートに使われるかぼちゃがメインです。

どっしり重いし甘いのだけれどなんかクセになる…これは2人で1つをシェアするといいかも。

Alquería de la Font d’En Corts」では 最後にコーヒーを頼むと、Chupito(チュピート)と呼ばれる食後酒とCoca de llanda(コカ・デ・ジャンダ)と呼ばれるアーモンドをふんだんに使ったバレンシアのパウンドケーキもサーブされました。

食後酒はボトルを持ってきてくれるのでほぼ飲み放題です。お会計はパエリアが2人前のハプニングがあったので1人25ユーロでしたが、ワインを頼んでしっかり食べても30ユーロ~35ユーロだと思います。お酒を飲まない方で、前菜1つ、パエリア2人前、デザート派パスだったらもっと安くなります。

接客も感じ良く、前菜やパエリアもテンポよくサーブされました。何よりパエリアが激ウマだったので絶対にリピートです。

バレンシア中心部からは少し距離がありますが、お店の目の前にバスが止まるのでタクシーでなくても行けるので、スペインの田舎家でパエリアを食べたい旅行者の方にもお勧めです。

田舎家のお米料理専門店「Alquería de la Font d’En Corts」

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。
  2. GAMBOAのフィデウア
  3. 「アロス・アル・オルノ」(Arroz al Horno)

お気に入りレストラン

  1. ビビンパ。
  2. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
ページ上部へ戻る