お誕生日ランチは「Kanrós」のフォアグラ・鴨・キノコの米料理!

バレンシア郊外の村Alcàsserのお米料理レストラン「Kanrós」

スペインでは誕生日を迎える人が、招待&ご馳走する習慣です。

私達家族(スペインの義家族)も2、3年前まではせっせと誕生日の人が家族全員を自分の家に招待し手料理をふるまっていましたが、最近はレストランで食べるようになりました。

辞めた理由は簡単。お義姉は、自分と娘(私たちの姪っ子)の誕生日の用意をしなければいけないけれど、シングルマザーで仕事もバリバリこなすので忙しい。私も自分とスペイン人夫の分まで用意しないといけない、和食を期待される(準備が大変)、そして同じく仕事が忙しいから。

なので最近は姪っ子の誕生日は彼女が愛してやまないバレンシアの和食レストラン「Kamonで、大人組はいつもAlcàsserにあるお米料理がおいしい「Kanrósへ。

Kanrós」では大抵Arroz con Bocabante(アロス・コン・ボガバンテ、ロブスターのパエリア)を注文していましたが、このレストランの冬の人気料理、フォアグラ・鴨・キノコのカルドソを頂きました。

「Kanrós」の前菜

いつも3種類出てくる付きだし。内容もいつも違うし凝っていて楽しい。

付きだし。いつも3種類出てきます。

義姉の好きなフォアグラのミキュイとサツマイモのピュレを薄いビスケットでサンドした物。フィンガーフードサイズで、塩味・甘味がとっても良い感じです。よく考えたらこっちもフォアグラだった…。

フィンガーフードサイズのフォアグラのミキュイ

コシード(Cocido)と呼ばれる煮込み料理の余りを使って作ったコロッケ。家庭料理ですが、レストランでも見かけます。

コシードのコロッケ。

マグロのタルタルは普通に美味しいけれど…最近どこでも食べられるのであまり感動なし。でも彩はとてもきれい!

マグロのタルタル。

超豪華なフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ

そしてフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ!鴨肉やキノコもゴロゴロたくさん入っていますが、フォアグラも大きいものが贅沢に一人一個。

こちらがフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ。

フォアグラは最後にソテーして軽くカルドソの上にのせてあるようで、これだとお米自体にフォアグラの脂が回ってくどくならずよい!

鴨肉とキノコの出汁がたっぷりでた濃厚なスープとお米に少しずつフォアグラを崩して食べる…なんて幸せ。量もたっぷりでしたが、美味しすぎて完食してしまいました。

「Kanrós」のデザート

そしてバースデーケーキの代わりに、「Kanrós」でデザートを。

毎回レストランの後に義姉の家に行ってバースデーケーキを食べるんですが、正直その辺で買ったケーキは美味しくない。なので「バースデーケーキはなしで、ここで美味しいデザートを食べよう」と宣言しました。

義家族よ、いつも味にうるさくてごめんなさい…。でも誰もそんなに美味しいと思わないケーキをわざわざ買って、きっと後で食べ切れず捨てているのだろうと想像するとやり切れないのです!

こちらのお店、田舎町のレストランですがシェフはバレンシアのミシュラン星付きレストランで修行したとか。さらに、フィデウアは1人前9ユーロ、バレンシア風パエリアは7.50ユーロと、バレンシア市内の有名お米料理専門店のほぼ半額です。是非予約してお出かけ下さい!

レストラン情報:お米料理がおいしいAlcàsserのレストラン「K-anròs」

営業時間が少し変わっています。金・土・日のランチと、金・土のディナーのみのオープンです。

バレンシア郊外の村Alcàsserのお米料理レストラン「Kanrós」

スペインでは誕生日を迎える人が、招待&ご馳走する習慣です。

私達家族(スペインの義家族)も2、3年前まではせっせと誕生日の人が家族全員を自分の家に招待し手料理をふるまっていましたが、最近はレストランで食べるようになりました。

辞めた理由は簡単。お義姉は、自分と娘(私たちの姪っ子)の誕生日の用意をしなければいけないけれど、シングルマザーで仕事もバリバリこなすので忙しい。私も自分とスペイン人夫の分まで用意しないといけない、和食を期待される(準備が大変)、そして同じく仕事が忙しいから。

なので最近は姪っ子の誕生日は彼女が愛してやまないバレンシアの和食レストラン「Kamonで、大人組はいつもAlcàsserにあるお米料理がおいしい「Kanrósへ。

私の誕生日は日本で家族と過ごしましたが、帰国後すぐの週末に「Kanrós」でバースデーランチしてきました!

超豪華なフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ

カルドソ(Caldoso)とは、汁気の多いお米料理のこと。パエリアは1年中食べますが、冬は体の芯から温まるカルドソ(Caldoso)や、カルドソより少し汁気の少ないリゾットのようなメロソ(Meloso)も人気。

Kanrós」では大抵Arroz con Bocabante(アロス・コン・ボガバンテ、ロブスターのパエリア)を注文していましたが、このレストランの冬の人気料理、フォアグラ・鴨・キノコのカルドソを頂きました。

付きだし。いつも3種類出てきます。フィンガーフードサイズのフォアグラのミキュイ
いつも3種類出てくる付きだし。内容もいつも違うし凝っていて楽しい。

義姉の好きなフォアグラのミキュイとサツマイモのピュレを薄いビスケットでサンドした物。フィンガーフードサイズで、塩味・甘味がとっても良い感じです。よく考えたらこっちもフォアグラだった…。

コシードのコロッケ。 マグロのタルタル。
コシード(Cocido)と呼ばれる煮込み料理の余りを使って作ったコロッケ。家庭料理ですが、レストランでも見かけます。

マグロのタルタルは普通に美味しいけれど…最近どこでも食べられるのであまり感動なし。でも彩はとてもきれい!

こちらがフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ。
そして圧巻のフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ!

鴨肉やキノコもゴロゴロたくさん入っていますが、フォアグラも大きいものが贅沢に一人一個。

フォアグラ・鴨・キノコのカルドソ。
フォアグラは最後にソテーして軽くカルドソの上にのせてあるようで、これだとお米自体にフォアグラの脂が回ってくどくならずよい!

鴨肉とキノコの出汁がたっぷりでた濃厚なスープとお米に少しずつフォアグラを崩して食べる…なんて幸せ。量もたっぷりでしたが、美味しすぎて完食してしまいました。


そしてバースデーケーキの代わりに、「Kanrós」でデザートを。

毎回レストランの後に義姉の家に行ってバースデーケーキを食べるんですが、正直その辺で買ったケーキは美味しくない。なので「バースデーケーキはなしで、ここで美味しいデザートを食べよう」と宣言しました。

義家族よ、いつも味にうるさくてごめんなさい…。でも誰もそんなに美味しいと思わないケーキをわざわざ買って、きっと後で食べ切れず捨てているのだろうと想像するとやり切れないのです!

こちらのお店、田舎町のレストランですがシェフはバレンシアのミシュラン星付きレストランで修行したとか。さらに、フィデウアは1人前9ユーロ、バレンシア風パエリアは7.50ユーロと、バレンシア市内の有名お米料理専門店のほぼ半額です。是非予約してお出かけ下さい!

お米料理がおいしいAlcàsserのレストラン「K-anròs」

営業時間が少し変わっています。金・土・日のランチと、金・土のディナーのみのオープンです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」
  2. 中はふんわり軽いアイスクリーム!

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る