El Rall:バレンシア旧市街のArroceria(お米料理専門店)

バレンシア観光のついでにも便利なお米料理専門店El Rall

いきなり食べかけの写真ですみません!

パスタのパエリア、Fideua(フィデウア)

しかもArroceria(お米料理専門店)と書きながら・・・パスタのパエリア食べてます。まぁ、フィデウアもパエリア(パエリアを作るフライパンもパエリアと呼びます)もお米料理専門店で食べるから問題はないんですけど。

今回は時間がなくて、普通のパエリアよりも早く出来るフィデウアにしました。

ここはバレンシアの旧市街にあるレストランで、わたしがバレンシア一の観光名所だと思っている中央市場(Mercado Central)から歩いて2分・・・いや、急げば1分?小さな広場にはテラス席もあって、雰囲気が非常にいいです。

肝心のお味もなかなか。スペインのレストラン評みたいなのを読むと、味がないだの、塩気が足りないだの書いてありますが、日本人のわたしには丁度良い感じです。
塩味はきつくないのに、きちんと出汁の味がします。
料理を出す前に、出汁を小さなグラスにいれて出してくれます。これで出汁の味を確認。うん、おいしい。

パエリアもフィデウアもお米料理は2人前からオーダーで、バレンシア風パエリア(うさぎと鶏肉入り)は1人12ユーロ。フィデウアは14ユーロだったかな??
初めに大きなサラダをシェアして、フィデウアを食べて、パン、コーヒー、飲み物込みで1人20ユーロちょっとでした。

サービスはイマイチなんですけど、塩辛くないけどおいしいパエリアを旧市街で食べたい時にはお勧めです! レストランの定休日になりがちな月曜日もオープンしてます。雰囲気も抜群です。お天気の良い日は是非テラス席で。

本当は車に乗って郊外の村までいければ一番なんですけどね・・・。 あと、ここはフィデウアよりもパエリアの方がおいしかった気がするので、パエリアを食べて見てください。

レストラン情報:El Rall

  • 住所:Calle de Tundidores, 2 (バレンシア中央市場やLa Lonjaから歩いて2分)
  • WEB:
  • 電話:96 392 20 90
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. 巨大なパエリアだった。
  2. こちらがフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ。
  3. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る