スペインの歯医者へ・・・保険加入のススメ

スペインのプライベート保険

歯の詰め物って寿命は10年ぐらいだと昔聞きました。

ということで、ここ10年のスペインの滞在中に、それこそ中学生や高校生の時に治療した歯の詰め物が3回ほど取れました。

しかも一回は飲み込んじゃったりして!

わたしはスペインで仕事をしているので当然年金も、社会保険も払っています。スペインは医療費は無料、ただし、プライベートクリニックと、歯医者以外はです。(なぜか親知らずの抜歯はただです)

初めて歯の詰め物が取れたときに行った歯医者では、一回の治療ごとに約70ユーロ近く取られて泣きそうに。

ということで最近はプライベートの保険に加入しています。普通の医療保険の方は月に40ユーロ弱。プライベートクリニックで治療を受けても治療費はかかりません。ただし薬代は普通の公共の病院に行った場合にもらえる処方箋で購入するよりは高くつきます。でも緊急に駆け込んですぐに診察してくれることを考えると悪くはないかも?(わたしは中耳炎でしょっちゅうお世話になっています)
まぁでも健康に自信がある人ならばいらないかもですね。

スペインは歯の治療が国民健康保険でカバーされない

歯の保険の加入はお勧めします。一回の治療が高いので。わたしが加入している保険は月8ユーロ弱で、治療によって何割までカバーされるか決まります。インプラント治療ももちろん全部じゃないけれど2割か3割はカバーされます。

歯の治療は遅れると治療費もかさむし、治るまで時間もかかるし、何しろ自然治癒というものがないので、歯の保険だけは入っても損はないですよー。

ちなみにわたしの入っている保険会社はasisaと言います。どうしてここかって?うーん・・・加入時にたまたま団体割引みたいなのがあってそこで加入してついでに歯も・・・って感じです。

偉そうなことを書いているわりには全然こだわってませんし、比較検討もほぼなしですが、満足しています。海外で働いて生活していくには健康が一番ですもんね!

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. セクレトと呼ばれる豚の部位と野菜のパエリア。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る