美味しくて会話も弾むレストラン「Seu Xerea」@バレンシア

日本人シェフが切り盛りするバレンシア旧市街のレストラン「Seu Xerea」

残念ながらこちらのレストランは閉店しましたが、日本人シェフのToshiさんがオーナーシェフとして「Toshi restaurant」をオープンしました。Toshiさんのお料理はこちらで食べられます。超お勧めレストランです!

「Valencia Culinary Meeting」で食べた元「ZUMA」の遠藤シェフと「Seu Xerea」の甲斐シェフの夢のコラボレーションメニューが忘れられず、「Seu Xerea」へ行ってきました。

バレンシアの旧市街にはなかなか気に入ったレストランがありませんでしたが、「Seu Xerea」は期待を裏切らないおいしさとサービスでリピート確実のレストラン&私達夫婦が気に入っている創作アジアン料理レストラン「Ma Khin Café」の姉妹店でもあります。

本当はもう少し早く訪れたかったのですが、火祭り時期のバレンシアはどこでごはんを食べても普段よりちょっと味が落ちるので、じっと我慢した甲斐がありました…。

会話が弾む工夫を凝らした「Seu Xerea」のコースメニュー

Seu Xerea」の甲斐シェフから是非Menú Degustación(メヌー・デグスタシオン、デギュスタシオン・コース)、つまりコースメニューを試してほしいと言われていたので、ほぼメニューも見ずに注文。

Menú Degustaciónは、49ユーロ。グラスワイン4杯のマリアージュは+15€、6杯は+20ユーロです。想像力を掻き立てられ、思わず会話の弾む素晴らしいメニューでした!!

お通し

カツオとトマト&和風だし。これは繊細な味なのにガツンと来ます。期待高まるお通し。

お通しのカツオにトマト+出汁

前菜1品目

バレンシアの牡蠣。白いソースはアーモンドで牡蠣の上にはイベリコ豚のパンチェッタがのっています。牡蠣とアーモンドなんて素人には思いもつかない組み合わせ。そして美味しいです。

バレンシアの牡蠣。

前菜2品目

開いたイワシにチーズを詰めたもの。タプナードをつけて食べます。サクサクでおいしい! 甲斐シェフからのサービスでした。

シェフからのご招待。

前菜3品目

スペイン人夫が気に入ったファラフェル。外がカリッとしていてソースを一つだけつけても全部混ぜても美味しい。コリアンダーがよいアクセントでした。

夫が気に入ったファラフェル。

前菜4品目

タルタルステーキ。大好物ですが生肉が苦手な夫がいると余り食べる機会のない料理。堪能しました。

タルタル。

前菜5品目

タコが柔らかく味もしっかりしていました。レンズ豆のピュレと聞いて驚きましたがすごく合います。驚き!

タコ。レンズ豆と合わせてあります。

メイン1品目

カサゴに野生のアスパラ(Trigueros、トリゲロス)とタヒニ(ゴマペースト)。スペイン人夫、普段は魚の皮を残すくせに美味しいと皮まで食べます。Triguerosの食感最高!

カサゴ。

メイン2品目

これぞまさに鴨ネギ? 写真には写っていませんが、卵の黄身が隠れています。これは、炊き立ての美味しいごはんの上にのせて食べたい系。超好みの味でした。

最後の鴨

デザート1品目

梨のコンポートとヤギのチーズ。上にはオリーブオイルがかかっていました。梨とヤギのチーズって合うんですね。

梨とヤギのチーズのデザート。

デザート2品目

焼きたてマドレーヌにアングレーズソース。スペイン人夫が。「Valencia Culinary Meeting」で大感激していたマドレーヌで大喜び。外はカリカリで中はしっとりです。

焼きたてマドレーヌとアングレーズソース。

と、こんな感じで3時間近くかけてゆっくり料理を目と舌で楽しみました。普段はどこへ行ってもガツガツ早食い夫婦ですが、いいですねー、こういうの。美味しい食事をゆったりした空間で味わうと夫婦の会話も弾みます。(夫婦の会話=仕事の話ばかりなので全然ロマンチックではないけれど。)ちなみに、これだけたくさんのお料理を頂いても嫌な満腹感や翌日の胃もたれもなしです。

サービスも良よくて、料理の説明もきちんとしてくれるし、つかず離れずの接客で素晴らしい時間を過ごしました。英語も通じるので観光客にもうれしいレストランです。

甲斐シェフそして「Seu Xerea」の皆さんごちそう様でした。次はタパスメニューと平日ランチメニューに挑戦して、その後はじっくりア・ラ・カルトを攻めたいと思います!

店舗情報:旧市街のオシャレでおいしいレストラン「Seu Xerea」

  • 住所:Calle Conde de Almodóvar, 4, 46003, Valencia
  • WEB://www.seuxerea.com/
  • 電話:+34 963 924 000
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. セクレトと呼ばれる豚の部位と野菜のパエリア。
  2. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る