夢のコラボ「Seu Xerea」でValencia Culinary Meetingのメニュー堪能

敏腕シェフたちのコラボがすごい!

Valencia Culinary Meetingのメインイベントは、スペイン国内外から集まってきたトップシェフとバレンシアのシェフのコラボレーションメニュー。

ゲストのシェフがレストランのキッチンを借りて限定メニューを提供するスタイルではなく、招待側レストランのシェフとゲストのシェフが協力し1つのメニューを作り上げるという新しい試みです。

「二人のシェフが同じキッチンで一つのメニューを作るとどうなるのか?」をバレンシアの旧市街にある人気レストラン「Seu Xerea」で体験してきました。

感動の嵐!「Seu Xerea」のValencia Culinary Meetingスペシャル・メニュー

Seu Xerea」ではランチ(39ユーロ)とディナー(100ユーロ)の2種類を用意しており、ランチを頂きました。

結論から言うと、こんなに何かを食べて感動した事は久しくありませんでした。

一口一口を本当にゆっくり味わいました。2人のシェフが作ったメニューも素晴らしく調和が取れていました。ランチメニューを食べて、夫婦ともどもゲストの遠藤シェフと「Seu Xerea」の甲斐シェフの大ファンになってしまいました。

スペシャルメニューで食べた物

1皿目:バレンシアの牡蠣、イカ、大トロの刺身。

牡蠣の上にかかっているのはキュウリと出汁。全く臭みがなくスペインで食べた牡蠣で一番おいしいと感じました。イカはたらこと和えてあります。大トロのための醤油は遠藤シェフが調合したもの。もちろんわさびも本物です。

刺身の盛り合わせ。

2皿目:マンチェゴチーズソースのサラダ。

全ての野菜があるべき歯ごたえを残していて美味。サラダは脇役になりがちですが、これは主役はれるサラダです。

マンチェゴチーズソースのサラダ。

3皿目:あぶりの寿司

特別に目の前で備長炭を使ってあぶりにしてくれました。塩は遠藤シェフの手作りだそうです。大トロも塩ももちろん美味しかったのですが、感動したのは寿司飯の味と食感。寿司飯がとにかく最高でした。

大トロのあぶり寿司。
大トロのあぶり寿司。

4皿目:タコとアーティチョークの煮物

タコはどこまでも柔らかく、アーティチョークはシャキッとした食感が良いです。

タコとアーティチョークの煮もの。

5皿目:マテ貝とサバの握り

右がマテ貝(細切り)とウニの握り。左がサバ。何もいう事はありません。最高です。

左:マテ貝とウニの握り、右:サバの握り。

6皿目:魚料理

蒸したCorvina(コルビーナ、白身の魚です)にカリカリの黒米と玄米茶の出汁。玄米茶??と説明された時はびっくりしましたが、ものすごくマッチしていました。出汁も全部頂きます。

蒸したCorvina。黒米のカリカリした食感と玄米茶の出汁。

デザート:焼きたて抹茶マドレーヌとイチゴ入り抹茶クリーム。

マドレーヌの外側はカリッとしていますが、内側はしっとりで美味しい!いつもはコーヒーで〆ですが、口の中がコーヒーの味になるのがもったいなく今回は食後のコーヒーはパスしました。

抹茶のマドレーヌと、抹茶クリーム+イチゴ。

2日間限定のスペシャル・メニューを作りあげた2人の料理人たち

バレンシアの旧市街で20年以上愛され続けるレストラン「Seu Xerea」がValencia Culinary Meetingのゲストとして招待したのは、世界各国に展開している高級和食レストラン「ZUMA」で寿司部門トップを務めた遠藤和年さん(写真左)。

遠藤シェフは長年勤めた「ZUMA」を退職し、2017年5月ロンドンに彼のこだわりが詰まったレストランをオープンの予定です。ロンドンとバレンシアは飛行機で2時間の距離。ロンドンまできっと遠藤シェフの料理を食べに行こうと思わせてくれた時間でした。

そして遠藤シェフとタッグを組んだのは「Seu Xerea」の日本人シェフ・甲斐 俊也さん(写真右)。甲斐シェフはバレンシアのミシュラン1つ星レストラン「Riff」でスーシェフをしていた若干33歳の料理人で専門は地中海料理。現在はオーナーシェフとしてバレンシアの旧市街にレストラン「Toshi restaurant」をオープンしています。

左が「Seu Xerea」のシェフ、そして右がZUMAのシェフの遠藤さん。遠藤さんがこのたびのゲストシェフ。

Valencia Culinary Meeting」の座談会で、トップシェフ達はライバル心やエゴもあるだろうし個人プレーならば素晴らしい料理を生み出すけれど、2人のシェフが同じキッチンで1つのメニューを作り上げるなんて出来るのか…と言うようないじわるな質問もありましたが、答えは「全く問題がない」でした。

また来年この夢のようなコラボレーションが実現しますように!

バレンシア旧市街の地中海料理レストランSeu Xerea

残念ながらこちらのお店は閉店しました。甲斐シェフのお料理はオーナーシェフとして腕を振るうバレンシアの旧市街にレストラン「Toshi restaurant」で味わう事が出来ます。

  • 住所:Conde de Almodóvar, 4 46003 Valencia
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

おススメ記事

  1. フルラのミニバッグ風。

    春物購入:フルラのメトロポリス風の花柄ミニバッグ

    3月初めのお買い物は日本でも流行りのミニバッグ! バレンシア、今週は少し寒いですが先週までは…
  2. レンコンと長芋。あとは山芋とごぼうが…と欲が出る。

    バレンシアの中華食材店を探索&長芋ゲット!

    バレンシアで一番有名な中華食材店「遠東行(Yuen Tong)」 バレンシアのチャイナタウン…
  3. レストラン

    スペイン・バレンシアで働きたい日本人調理師求む!

    スペイン・バレンシアのレストラン求人情報 現在募集締めきりとなっています。たくさんの応募あり…
  4. 義母のアーモンド5キロ!

    日本の家族に一番人気のスペイン土産は義母のアーモンド

    義母の揚げアーモンド 前回の帰国で日本の家族が一番喜んだお土産は、義母が炒るアーモンドでした…
  5. 札幌「バル・エスパーニャ」さん

    2015年バレンシアの「国際パエリアコンクール」リポート!

    9月13日(日)のバレンシア・スエカ村国際パエリアコンクール スペインそして全世界から35チ…
ページ上部へ戻る