バレンシア州の食の見本市レポート:前半戦

バレンシアで一番好きな野外イベント「食の見本市」

1年間楽しみにしていた食の見本市。

先週半ばからとっても暑くなったバレンシア、春は完全に終わってすでに夏のようです。そんな夏の日差しの下、食の見本市に突撃!

こういうブースでチケットやお水をゲットします。
暑かったので、覆いのあるところと直射日光のあるところの温度差がすごかった。
2時すぎに行ったらすでにたくさんの人がお昼ご飯を食べていました。
屋外しかも公園の中なのでとっても気持ちがいい・・・。

まずはドリンクと食べ物のチケットを購入

最初に会場にいくつかある入り口付近のチケット売り場で飲み物と食べ物のチケットを買います。飲み物4杯分と小さめポーションの食べ物4つだったかな? 10ユーロのチケットなのですが、わたしがお酒を飲めないのでチケットは1枚にして、お水(50セントと安くて良心的)を買っていざ出陣です。

チケットを買うとワイングラスとスペイン風土鍋のCazuela(カスエラ)をお皿代わりにもらえます。もちろん持って帰りましたよ!

Requena(レケナ)の腸詰め祭りの時も思ったけれど、食べ物だけのチケットもあるといいのにな。でもチケットがなくても食べられるものがたくさんあるし、やっぱり10ユーロでいろんなワインやビールが4杯も飲めるっていうのは飲むのが好きな人にはたまらない魅力?

「食の見本市」で食べた物

土曜日の午前中は仕事があるから2時過ぎに会場に到着してもうお腹ぺこぺこのわたし。

取りあえず人がたくさんいるブースでミニサンドイッチ、ピンチョス、Clóchina(クロチナ、バレンシアで獲れるムール貝の小さいやつ)を食べました。パートナー君はまずはビールから・・・。土曜日だしお天気はいいし人がたくさん。野外で食べるご飯って本当においしい。

入ってすぐの所に人がたくさんいたのでミニサンドイッチと小さなピンチョスを注文。
チケットを買うと貰えるCazuela(カスエラ、スペイン風土鍋)にClóchina(クロチナ、バレンシアで取れる小さめムール貝)を入れて貰いました。

でもここで食べ過ぎては行けません。

去年から目をつけていた”野外パエリア”のお店の前へ移動します。パエリアは2種類同時進行で作ってました。あと10分で出来るよって言われたので、まだ残っていたXativa(スペイン語ではJativa)名物のArroz al Horno(アロス・アル・オルノ。オーブンで炊きあげるお米料理)を食べながら待つことに。これはどんどん他の所から運ばれてきていつでもあるみたいな感じでした。ちなみにスペインの10分待ちは20分待ちでした、やっぱりね。

お米について学ぼうってところかな?
薪じゃないけれど、野外でパエリア作ってます。
前の写真の目の前のお店でXativa(スペイン語ではJativa)名物のArroz al Horno(アロス・アル・オルノ)を。
おじさんは、イカとエビのパエリアと鶏肉にアーティチョークと空豆のパエリアを同時進行で調理。

そろそろ出来上がりかな? ってところで列に並びます。人のいいパートナー君が列に並んだので横入りされまくり。スペインって1列にきっちり並んでるのなんて大きなスーパーかZARAみたいな大型衣料店で並ばされる時ぐらいかなぁ。
いつもはそんなパートナー君や周りにイライラするけれどもま、土曜日だし週末だしお天気もいいし? ゆったり待ちました。(わたしだけベンチに座って!)

こちらはArroz al Horno(アロス・アル・オルノ)。
手前がイカとエビのパエリア、奥が鶏肉、アーティチョークと空豆のパエリア。

Arroz al Hornoも、2種類のパエリア(イカとエビ、鶏肉にアーティチョークと空豆)もサフランではなくColorante(コロランテ)と呼ばれる着色料を入れて作ったパエリアだったけれど火の通し具合は満点。出来たてでおいしかった。普段は肉入りのパエリアを好むわたしだけれど、塩加減で今回はイカとエビに軍配が上がりました。イカはCullera(クジェラ)から揚がったものらしくぷりぷりでおいしかった。パートナー君が近くのブースで選んだ白ワインもおいしかったみたい。

お米料理はどれも1皿3ユーロでした。少しだけ食べたいって人は、土鍋に入れてもらって2ユーロらしいです。パエリアはチケットじゃなくて自腹です。

前半戦はここまで! 飲み物のチケットはあと2枚、食べ物はあと1枚しか残っていません。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. 写真を見るだけで夏到来、といった感じですね。
    アロス・アル・オルノはハティバの名物でしたか、知りませんでした。
    本当においしそうで、、、この時間に見るにはちょっぴり酷です。

    ナナイチさん、お酒が飲めなくても十分楽しんでいるようですね。私はがっつり飲みたいでーす。

      • ナナイチ
      • 2012年 5月 14日

      名物なんですけど・・・実はXativaでは食べた事ないのです。

      夏は食べる気しないけれど、冬は是非食べに行きたいな!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. こちらがフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ。
  2. セクレトと呼ばれる豚の部位と野菜のパエリア。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る