スペインのオカンもすごい!爆笑・スマフォメッセージ

オカンだけではなく、オトンも飛ばしています

日本でもちょくちょく話題になる、お父さんやお母さんが送ってくる面白い携帯メッセージ。

スペイン語のおもしろ携帯メッセージ。

スペインにももちろんありますよ!(わたしもぶっちゃけ日々義母のメッセージには笑わせてもらっておりますが…。)スペイン語は南米でも使うので、スペインと南米のものがごちゃまぜになっていますが、日本のオトンやオカンにも負けない面白さです。

もし興味あればこちらのサイトをご覧下さい⇓

中にはスマフォ操作はお手の物で、息子や娘より一枚上手なお父さんやお母さんもいます。

ちなみに、ちなみに、顔文字はスペイン語でemoticón(エモティコン)や日本語そのままemoji(エモジ)と言います。と言います。

我が家のオカン(義母)の場合

義母が苦手とする、スペイン語の自動スペルチェック機能。ちょっと打ち間違えて思ってもいなかった単語が選択されそのままメッセージ送信ということは日常茶飯事です。そして、綴りがめちゃくちゃな人なので、スペルチェックさえも昨日せず、打ち間違いだらけで何を書いているか分からないメッセージを受け取ることもしばしば。義母のメッセージを見ると、綴りもそうだけれど、「カンマ」と「ピリオド」の重要性を感じます。これらがないと意味が変って来る文章もあるしね。

そして義母は文字を打つのが面倒になると、自分の言いたいことをボイスメッセージで送ってきます…でもこの場合、娘(わたしの義姉)、息子(わたしの夫)、わたしと3名とも大体仕事中なので、音声メッセージなんて聞いていられないって感じで放置されちゃうこともしばしば(笑)

そう言えば、アパートの大家さんともメールやWhatsapp(日本のLineみたいなもの)でやりとりする今日このごろ。
用事があって自分から誰かに電話を掛けたのっていつだったっけ?

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。
  2. GAMBOAのフィデウア
  3. フィデウア。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る