バレンシアのデモに参加

スペインの全国一斉ゼネスト

3月29日全国一斉ゼネストのデモ行進に参加してきました。

この日はストでパートナー君も同僚のA君も会社をお休みしています。(ストを有効活用ということで前日は2時まで起きてましたけど・・・)

夜にニュースをじっくり見る時間はなかったけれど、スペイン全土で大きなデモ行進が繰り広げられたようです。

バレンシアのデモ行進

18:30スタートと聞いたので、18:20に集合場所のPlaza de San Agustín(プラサ・デ・サン・アグスティン、サン・アグスティン広場)へ。

でも歩き出したのは19:30。というか、まったく群衆が動かないので(人が多すぎて動けなかったのかもしれないけれど)、ちょっと前に行ってみようと2人で歩きだしたら・・・。前の方は動いていました。

が、やっぱり写真の通りすごい人混みなので亀の歩みです。

18:20のサン・アグスティン広場の様子。
右もを見ても・・・
普段はもちろん歩行者天国ではありません。デモのため車両通行止めです。
左を見ても人だらけ。

お昼のニュースでは、通常通りお店をオープンしたらピケに妨害されてシャッターを下ろしたり、閉店を余儀なくされたお店などが放映されていましたがデモ行進を始めた辺りのお店は開いているお店も何軒かありました。(ヒマそうに店員同士でくっちゃべっている所がほとんど)または中で働いていてもシャッターは下ろしていたり。

でもスペイン唯一のデパートEl Corte Inglés(エル・コルテ・イングレス)の建物の脇には警察が車を何台も止めていたり、入り口付近にはいつもなら1人しかいない警備員が5人も仁王立ちです。

あとはなぜここだけピケの標的になったかよく分からない香水や化粧品を扱うお店もありました。
バレンシアらしく(?)大きな爆竹の音が聞こえたと思ったら「店しめろー!」とヤジが。
ピケが始まった・・・と思ったら音も立てず警官が3名すーっとお店の前に立ちはだかります。

今日たとえ20ユーロしか儲からなくてもどうしてもお金が必要な人、仕事を休んでストライキをしたら給料が引かれて、生活していけない人、解雇されると困るので雇い主の顔色をうかがいながら仕事をした人・・・そうやって働いている人もたくさんいるはずなのです。
人は人、自分は自分。せっかく良いことをしているのにこういう意見の押しつけにはわたしは反対。

ちょっと気分が悪くなってしまったのでそこは足早に離れました。

闘牛場の前もすごい人でした。
スペイン唯一のデパートEl Corte Inglés(エル・コルテ・イングレス)は中に警備員が仁王立ち。
TANCAT PER VAGA(バレンシア語で、ストライキのため閉店)と書いたステッカーが貼られています。
ピケの標的にされてしまった店の前。

印象的だったのは、普段は町でよく見かけるアジア、南米、アフリカからの移民をほぼゼロと言っていいほど見かけませんでした。選挙権もないだろうし、仕事に行かず解雇なんてことになったら、労働許可だって更新出来ない。まして不法労働者の場合、万が一ピケに巻き込まれて滞在許可がなのがばれたら・・・なんて色々理由もあるんだと思います。わたしは今日はデモに行きたいと申し出たらミーティングは明日にずらしてもらえましたラッキーな人ですが。

明日からはまた普通の日々がやってきます。でも問題が山積みのスペイン。幸いうち2人とも仕事をクビになる気配はないけれど、これから先どうなるのかな・・・。

それにしても今日のデモはすごいゴミの山でした。
勝手にショーウィンドーにステッカー貼っちゃったりして・・・これを掃除するのは臨時に人を雇わないといけない? ぐらいの勢いです。
これも経済効果っていうの? 納得いきません。日本みたいにすべてを受け入れすぎるのも違うと思うけれど、こういう子供っぽい好意はすばらしい行動にケチをつけると思うんだけど。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • KEIKO
    • 2012年 4月 02日

    本当だよね!
    ストしたくてもできない人だっているんだから、強制しちゃいけないと思う。
    よその都市では暴走化した動きもあったし、ゴミの山やご指摘のステッカーといい、
    興醒めしちゃう。だいたい権利ばかり主張して義務を怠る国民性なので、
    今までの法律では労働者が守られ過ぎなんじゃない?と密かに思っていた
    私なのでした(前にいた業界が特にひどかったのかもしれないけどね)。
    日本とスペインを足して割ったらちょうどいいかも^^

      • ナナイチ
      • 2012年 4月 06日

      わ、ごめん、このコメントに気がついていなかった・・・。そうそう日本とスペインを足して割ると良いと思う。

      ゼネストの次の日に後始末にいくらかかるっていうのをみて卒倒しそうになった。ものすごい金額なんだもん・・・。それわたしの税金? バルセロナ、マドリッドいいかげんにしろって思ったわ。

      なんかさ、もうちょっとスペイン人が仕事をきっちりやる民族だと本当にこのゼネストとか意味あるし、深刻にとらえられるんだけど・・・興ざめする部分もある。もっときちんと仕事してから言えなんてね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. メインの魚介のフィデウア。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る