おうちご飯:日本人と一緒

日本人友達と和食でディナー

日本人の友達が家に来るときはやっぱり和食。

いいよねぇ和食、和食最高だよねぇ、って言いながらご飯食べたいのです。

テーブルセッティング次はもっと頑張ろう。

わたしがお客さんが来るときに必ず作る(言葉を変えれば大人数の時にしか作らない)煮豚はマスト。

今回は時間が有り余っていたので掃除は手を抜いたけれど、5日前から市場で買いだし。
煮豚用のいい肩ロースを見つけてこれを塩豚にし、3日寝かせてから長時間煮てトロトロにします。
出汁用に入れた昆布もトロトロにとけてこれがまた良い感じ。もちろん煮卵も作りました。(この煮豚の汁はあとで野菜炒めに使ったりします)

塩豚から作った煮豚。2キロ900円ぐらいのお肉だったけれど満足。

つまみ系はワカモレにタコスチップス。コリアンダーが手には入ったのはいいけれど・・・香りも味も殆どなかった!

前菜というより箸休めは、「キュウリ、わかめ、玉ねぎ、ゆでだこの酢の物」に「Tomate Raf(トマテ・ラフと呼ばれる大きなトマト)とお豆腐のサラダ玉ねぎソース添え」。

そしてお友だち二人とも炭水化物ラバーなので、パートナー君にいつものEmpanada(エンパナダ)を焼いてもらい、ポン・デ・ケージョとカリフォルニアロールも食べました。

パートナー君が作ったエンパナダ。

いいマグロやサーモンがあれば生の巻き寿司もしたかったけれど、火祭期間中でろくなお魚がなかったのでした。

わたしのおもてなし料理はいつも代わり映えせずこんな感じです。

・・・和食うんぬんって書いてますが、半分は和食じゃないということに最後で気がつきました。ま、スペインで食べる和食ってことで。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. こちらが絶品だったパエリア!
  2. 巨大なパエリアだった。
  3. こちらがフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る