おうちご飯:イベリコ豚のトンカツと生姜焼き

お気に入りのイベリコ豚専門店で買ったロースと肩ロース

家から若干距離があるイベリコ豚専門店「Dibéricos」で大量買いした美味しい豚肉。スペアリブは王道のオーブン焼きにして、ロースと肩ロースはこんな風に食べました。

イベリコ豚のロースをトンカツに!

本当はヒレカツが食べたかったけれど、ヒレがなかったのでロースを買ってトンカツに。トンカツはヒレカツが一番好きだけれど、これもなかなかでした。

イベリコ豚のロースカツ。

使っているパン粉はタイ製か韓国製のパン粉。国は違ってもパン粉に特に差は感じられません。日本製のパン粉だけなぜやたらと高いんでしょうか? あと冷凍庫に2枚トンカツが残っているので楽をしたいときに食べたいと思います。

つけあ合わせは、普通のサラダ、ナスの揚げ煮、焼きズッキーニの麺つゆ漬けでした。

1キロ買ったイベリコ豚の肩ロースのスライスは生姜焼きで

豚の肩ロースはわたしが一番使い勝手がいいなと思う部位。多分実家の母の影響だと思うけれど.、脂身が多すぎず少なすぎずで良し!

イベリコ豚専門店「Dibéricos」は遠いのでなんと肩ロースは1キロも買っちゃいました。でも1キロで6.50ユーロなのでそれほど高いわけじゃないんです。

こちらは生姜焼きにして食べました。副菜にまたナスの揚げ煮が登場しています。これはナスの素揚げが面倒なのでいつも大量に作りおき。食べきれない分は冷凍もします。お肉がおいしかったのでとっても食べごたえのある生姜焼きでした!

肩ロースは生姜焼きに。

こちらの肩ロースはすでにスライスされているのだけが残念。自分で好みの厚さに切りたかったなー…。

次回は電話して、肩ロースはブロックのまま売って下さいってお願いしようかな??

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. 魚介と野菜のFideuá(フィデウア)
  2. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る