玄米100%でもおいしいご飯の炊き方

ネットでみつけた玄米の「びっくり炊き」

玄米を白米と混ぜなくても、もそもそせず、食べやすい炊き方をネットで見つけました。

びっくり水を入れるので、「びっくり炊き」とも呼ばれるそうです。

これ本当にすごいです。マドリッドのお友だちのKちゃんもこの「びっくり炊き」を試して、玄米だけなのにすごくおいしいと感動していたっけ。
水に長くつけて置く必要もなくて、すぐお鍋で炊けるのが炊飯器を持っていないわたしにはとても便利。
しかもとてもおいしく炊けるので、この方法を知ってからは玄米の虜に。

玄米初心者のスペイン人パートナー君もおいしいとわしわし食べています。(キムチ、韓国海苔、玄米の組み合わせがお好みのようです)

玄米や雑穀米を意識して摂るようになったら、何だか普通の白米が味気なく感じます。あ、でも日本のおいしい炊きたて白米だったら違うかも。

我が家のお米コレクション

写真はわたしのお米コレクション。料理に合わせて色々炊くお米を変えています。

わたしのお米コレクション!

上段左から
SOS(ソスというメーカーのお米で、普通の日の白いご飯、スペイン産)、日本米(もちろん日本産じゃないけれど)、本命の玄米(やっぱり農薬が気になるのでエコとかビオと書いてあるものを選んでいます)。

下段左から
インディカ米(特にこだわりなしです)、バルセロナからやってきた大好き16穀米、Fallera(ファジェラというメーカーのパエリア用のお米)。

週末に張り切って玄米を1キロ(約6合)「びっくり炊き」で炊いて冷凍保存しました。6合も炊いちゃったので時間はかかったけれど、これであと1週間はらくーに玄米生活をエンジョイできそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • いちげつ
    • 2012年 4月 27日

    うちもNavarroで同じ玄米買ったよ!
    初めてスペインで玄米炊いてみたけど
    おいしかった!!!
    びっくり炊き情報に感謝です~

      • ナナイチ
      • 2012年 4月 29日

      結構種類がたくさんあってどれにするか迷った。

      おいしいメーカーあったら今度教えて!

      この炊き方すごいよねぇ。ネットで検索してよかった!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!
  2. 中はふんわり軽いアイスクリーム!
  3. セクレトと呼ばれる豚の部位と野菜のパエリア。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る