ラクトースアレルギーの人に朗報な商品2つ

スペインの乳糖不耐症向けの商品

パートナー君がラクトースアレルギー持ちなので、色々つまらない思い(本当はただイタリアンに行けないぐらいです)をしてきたけれどついにそんな日々に終わりが来そうな予感。

食事前に飲むラクトースアレルギー向けのカプセル

パートナー君がお得意のネットで色々調べた結果、乳製品をとるとお腹がゴロゴロしちゃう人用のサプリメントを発見!
ラクターゼ 230mg 100カプセル」と言って日本でも販売されているようです。

これ100カプセル入りで20ユーロ、普通の薬局では売ってなかったので、お気に入りのエコショップNavarro Herbolario(ナバロ・エルボラリオ)で購入。

右の薬がラクトースアレルギー予防の薬。

夕食前に1カプセル飲んで、ブリーチーズとマンゴーをデザートとして食べたところ・・・まったく問題なしでした。(ちなみに、ブリーチーズとマンゴーの食べ合わせはイマイチです。他の果物の方がいい)

すごいなぁ、このカプセル。旅行で家でご飯が食べられない時なんかにもぴったり。常備させて、チーズたっぷりのピザ食べに行ったりしよう!

メルカドーナで見つけたラクトースなしのアイスクリーム

そんなこんなでラクトースフリーの製品に敏感なわたし。スーパーMercadona(メルカドーナ)でアイスクリームコーナーを覗いたら、なんと新商品でラクトースフリーアイスクリームが発売されていました。わたしの隣にいた50代カップルも興味津々。

さすがスーパーMercadona(メルカドーナ)、ラクトースなしのアイスクリームが出てました。

メルカドーナは経営者のお子さんの1人がたしかグルテンアレルギーでグルテンフリーの製品にも力を入れているみたいです。

日本人の方がラクトースには弱いと思っていたけれど、以外にヨーロッパにもラクトースアレルギー多いんだな・・・乳製品の美味しい&大量摂取するヨーロッパでこのアレルギーはかなり大変そう。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. こちらがフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る