バルセロナの旧市街散策におススメの路地

歴史あるペトリショル通り

お店情報は最後にまとめてあります!

バルセロナ旧市街を散歩するときに日本からの友達を必ず連れて行くのがこちらの裏路地、Carrer Petritxol(または、Calle Petritxol)。

ほそーい道なので、いつも観光客と地元の人であふれかえっています。

お土産も買えるし、Chocolate y Churros(スペイン風ホットチョコレートにチュロス)に挑戦するのもいいし、かわいい文房具屋さんで素敵なカードを買ったりもできます。

私の散歩ルート

とんでもない方向音痴なのに、なぜか旧市街は迷わない不思議なわたし。楽しいお店があるからでしょうか。それとも路地研(母の造語で、父が「路地裏研究会」らしい)の血が流れているから?

いつものわたしのルート、番地の小さい順からスタート!

すぐ右に見える「Granja Dulcinea」(ドゥルシネア)というChocolate y Churros(チョコラテ・イ・チュロス)のお店には入りません。その奥にいつも行っていたお店があるからです。こちらは行列が出来ていることないので、もう1つのお店に入れない場合はこちらという地元の人も多そうな感じです。

チュロスとチョコラテのお店「Dulcinea」。
チュロスとチョコラテのお店「Dulcinea」。

そしてスペインでは結構めずらしいかわいい文房具のお店。ここなら素敵なカードもみつかりそう。

大きな文房具屋さん。まだ秋なのにクリスマス商戦真っ盛り!
ここだったら素敵なカードが見つかりそう。

バルセロナ発のチョコレート屋さん「XOCOA」(ショコア)もあります。ここは確か奥にカフェスペースがあったはず。何度か利用しました。大きくて甘いケーキを食べると元気になります。

バルセロナのチョコレート屋さん「XOCOA」もあります。
店内奥には、カフェテリアがあったはず。カフェテリアのある「XOCOA」は珍しい。

もっとがつーんと行きたい場合は、「Granja La Pallaresa」(ラ・グランハ・パジャレサ)。こちらもChocolate y Churros(チョコラテ・イ・チュロス)のお店で、お店の外に行列が出来ることも。チュロスの他に、マジョルカ名産のEnsaimada(エンサイマダ)やCrema Catalana(クレマ・カタラナ、スペイン風クリーム・ブリュレ?)も食べられます。

チョコレートとチュロスの店「La Granja Pallaresa」。

わたしが年に1度か2度がつーんとおやつ、あるいは朝食を食べていたのがこちらです。店内も古き良きスペインという感じ?

チョコレートとチュロスの店「La Granja Pallaresa」。

そして、1775年創業の「Vicens」(ビセンス)。スペインでクリスマスによく食べるアーモンドのあまーいお菓子、Turron(トゥロン)専門店だけれど、他にもお土産によさそうなお菓子がたくさん売っています。

Vicens(ビセンス)という1775年から続くTurron(トゥロン)屋さん。
ビセンスの店内。中央のテーブルは全部トゥロンだった!
オシャレなお店。ここは4年前にはなかった気がする。

伝統的なお店だけじゃなくて、石けんを売っているお店や、オシャレな小物&アクセサリーのお店もありますよ。

注意して見ると、スペインタイルが結構あります。

その他にこちらの路地のオススメは、スペインタイル。建物の外壁にたくさんタイルがあるので興味のある方は是非!

でも人通りが多いので財布には気をつけて。

ペトリショル通りのお店情報

Granja Dulcinea

XOCOA

Granja La Pallaresa

Granja DulcineaもLa Granja Pallaresaもどちらも古き良きスペインという感じは出ていますが、わたしのオススメはこちらのお店。甘党の人はSuizo(スイソ)という、どろっとしたスペイン風ホットチョコレートにホイップ生クリームが乗ったものを是非。お腹いっぱいになりますよ。

  • 住所:Carrer Petritxol, 11, 08002 Barcelona 274 m O
  • TEL:933 02 20 36 ‎

Vicens

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. いいよね、この小道。
    冬になって、むしょうにチョコラテが食べたく(飲みたく?)なると
    LA GRANJA PALLARESA行くよ~私も。

      • ナナイチ
      • 2012年 2月 15日

      あー、やっぱりみんなLa Granja Pallaresaなんだ・・・なんでだろうね。

      わたしも明日はチョコラテの朝ご飯食べちゃおうかな。・・・早起き出来たらか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. 「アロス・アル・オルノ」(Arroz al Horno)

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る