Requena(レケナ)の腸詰め祭りに行って来ました

2月11日土曜日、Requena(レケナ)市のFeria deembutido(フェリア・デ・エンブティード、腸詰め祭り)に、パートナー君、お義姉さん、姪っ子のクララちゃんと行って来ました!

Requenaの腸詰祭り

Requena市はバレンシアから車で1時間、さくっと到着。

Reuqena市に入る直前の高速の電子掲示板(これであってる??)が、お祭りに行く人は出口はRequenaではなくSan Antonioで降りるようにと指示。
San Antonioで降りてみんなが行く方向(=Requena)に向かうと、闘牛場のそばに駐車場があり、そこから歩いて会場までは5分です。

こちらは1つ目のテント。腸詰めはないのにすごい人。

中の食べ物はほぼチケット制なので、まずチケットを購入。事前調査で、1人1枚のチケットは多すぎる感じがしたので、4人で3枚購入。
チケット1枚10ユーロで、腸詰め盛り合わせ5皿、パン1皿、主婦の会の方達がやっているようなMontadito(モンタディート、輪切りのフランスパンにパテや具を乗せたもの)1皿、ミネラルウォーター1本、ワイン2杯が楽しめます。

チケットを買っていざ出陣!

腸詰祭りで食べた物

レケナ市自慢の、Chorizo(チョリソ)、Longaniza(ロンガニサ)、Salchicha(サルチチャ)、Perro(ペロ、スペイン語で犬と同じPerroです)、Morcilla(モルシージャ)、それと大体Sobrasada(ソブラサダ)と呼ばれるバレアレス諸島の特産をパンに載せたものをどこのお店でも出してくれるんですが・・・飽きる! 全部同じ!(実は1番おいしかったのはお肉と豆のパエリアで、お肉からよいお出汁がでてましたよ。こちらは別料金で1皿3ユーロ。ものすごく待たされたけれど、おかげで出来たてが食べられました。)

これでチケット2枚分。結構ボリュームあります。
こちらは2回目のお店。これも2枚分。
「Mari Luz」というこちらのお店のMorcilla(モルシージャ、ブラッドソーセージ)は絶品。お買い上げです。
豚の皮を揚げたモノ。苦手だけれどこれは食べられた。
クララちゃんも気に入った様子。
最後に立ち寄った主婦の方々がやっている、Montaditoのブース。食べきれず持ち帰り。

でも1つだけいいことが。これだけ同じものを食べると自分の好みのお店や、どこがおいしいかがすぐ分かります。ソブラサダは意見が分かれたけれど、モルシージャはわたしたちが食べた中ではダントツで「Mari Luz」というお店のものが良かったです。

レケナで買ったお土産

とっても気に入ったので「Mari Luz」ではお土産も買ったけれど、Blanco y Negro(ブランコ・イ・ネグロ)と呼ばれるモルシージャとロンガニサのBocadillo(ボカディージョ、スペインのバゲットサンド)にする予定が、お店の人が間違えてわたしたちの買い物袋にはモルシージャの包みが2つ!

家に着いてから気がついたので、お義姉さんに電話すると彼女のところにロンガニサの包みが2つありました。

お土産。ぶどうジュース、モルシージャとジップロックの中は会場で食べきれなかったもの。

色々お店の人に言ったから混乱したんだねというパートナー君の発言とってもスペイン人。だって、ロンガニサを2包みと、モルシージャを2包みしか買ってないのにどこが混乱を招く? 日本人のわたしには意味不明。月曜日はボカディージョが食べたかったのに!

レケナの腸詰祭りに参加する際の注意点

ところで、このお祭りはかなり有名なお祭りらしくもう今年で19回目を迎えるそうナンですが・・・ナンというかとってもスペインって感じでオーガナイズの仕方があまり良くないかなって感じなのです。

お店の人はみんなとっても感じがいいけれど、どこもすごい行列で。何でかというと、チケットを買ったときに貰えるお皿を使いまわす(これはゴミが減るからとってもすばらしい)ようになっているので、あらかじめ準備して置くと言うことができず、並んで、自分の順番が来たらお皿を出してそこにイチイチ入れてもらうんです。作り置きがない。食べ物をゲット出来るまでとーーーっても時間がかかるので3手に分かれて並びました。どうにかならないものか・・・1つのお皿に2枚分(=2皿分)入れてもらうことも出来るのがせめてもの救い?

着いたのは1時だったけれど、もう少し早くお祭りは始まるので、朝ご飯は食べないぐらいの勢いで、12時ぐらいには着いていた方が行列なしで食べられていいかも。

あとは食べきれないときのことを考えて、ジップロックとかタッパーを持って行くと便利ですよ。わたしたちはワインが飲みきれなかったので、ミネラルウォーターの空ボトルにワイン入れて持って帰りました。あまったものはジップロックです。(これでレンズ豆の煮込み作る予定です)

トイレ事情はどうだったかなぁ・・・。食べるだけ食べたら近くにカフェが何軒かあるのでカフェでお茶をしてそこで済ませてしまったので気がつきませんでした。でもきっと用意されていると思います。

あ、それと会場はテント内とはいえ、内陸部にあるレケナ市はかなり寒いのでばっちり防寒をして出かけることをオススメします。

来年は・・・もういいかな。レケナ市のFeria de Embutidoよりも、バレンシアのタパス祭りや、旧河川の公園で開催される、食の見本市の方が食べ物も充実しているし、並ばないし・・・でも1度は行ってみたかったというこで、Misión cumplida!(任務完了!)

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. メインの魚介のフィデウア。
  2. 中はふんわり軽いアイスクリーム!

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る