日本人と食べる和食

スペインで作る和食

日本人を家に呼んだ場合と、スペイン人を家に呼んだ場合の献立は同じ和食でも感じの違ったものに。

スペイン人が来る時は、から揚げ、お好み焼き、巻き寿司がお決まりで、もうナナイチのから揚げには飽きた、という声が聞こえて来ても文句は言えない。

ぶっちゃけやっぱり日本人が来るときは、もっと気合い入ってるし、季節の物を・・・とか、野菜を多めに・・・なんてなります。

ということで、こちらが前回お友達のKちゃんとMちゃんが来てくれたときの写真。

日本人向けの野菜が多めの和食。

この日のメニュー

・キャベツたっぷり餃子
・煮豚と煮卵
・タイ風春雨サラダ
・大根サラダ
・キュウリとわかめの酢の物
・豆ご飯

さすが日本人が選んだおみやげ。はずしません!おいしい。

デザートはお友達が持ってきてくれたおいしいチーズケーキと小さなマドレーヌ。

チーズケーキは甘過ぎなく、中に入っているラズベリーソースが甘酸っぱくて・・・日本人好み。

チーズケーキの中に甘酸っぱいラズベリーソース。

マドレーヌも一口サイズでいくらでも食べられそうです・・・っていうか食べました。

そして、もう一つ不思議なお土産をいただきました。これです。↓

日本語ではロマネスコ。

この野菜・・・ずっとなんだろ?と思っていたけれどとうとう食べる機会がやってきました。

持ってきてくれたMちゃんに、「これ、どうやって食べるの?」と聞いたら「知らない!」とのこと。Googleで調べたら、日本語ではロマネスコって言うみたいですね。

スペイン語では、Coliflor Romanesco(ローマ風カリフラワー)らしい。房の一つ一つがフラクタルになっていて、感動。

次回はこのロマネスコを使った料理の記事UPします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る