クリスマス(25日)のランチとディナー

さてクリスマス・イブ翌日のクリスマスランチは我儘義父のいるCullera(クジェラ)へ。

ランチは特に語ることもなし。スペイン人夫が別居中の両親がありとあらゆることで意見が合わず、言い争いとなるのでいい加減にしろ!と怒った以外は。毎年別々に祝えばいいじゃない別居しているんだから…と本当に不思議です。

25日ランチは義姉の家予定だったので、近いし何とかなるだろう…と仕事を残していましたが予定が変わり、13時にランチを食べたい義父のために12時前に家を出ないといけないので、体調も良くなかったのに早起きして仕事をしてから家を出たのでもうクタクタでした。家に帰ってがっつり昼寝しちゃいましたよ。

通常25日の夜は何もないんですが、本来ならば義姉の家でランチだったので、冷凍できるものは冷凍するけれど悪いけど日持ちしないものは食べに来て…と言う事で、ディナーも家族と一緒でした。義父はクジェラに放置なので来ませんでしたが。

24日の残りと日持ちしないものでディナー。デザートのフルーツ。

スペイン人夫はクリスマスはどーでもいい人ですが、義姉は娘もいるしクリスマスはやっぱり好きなのでお家にはベレン(Belén)やクリスマスツリーも飾ってあって、テーブルクロスもクリスマスらしいものでした。わたしは昨夜の手巻き寿司の残りのお米とサーモンで巻き寿司を作って持っていきました。

わたしも風邪で食欲は落ちていたとはいえ、3回もクリスマスの食事をするのは本当に疲れます。特に我儘義父とのランチ疲れる。

来年は2015年のように日本か海外へ脱出、あるいはもうクリぼっちえ?夫は?でもいいなぁと思っております。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!
  2. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」

お気に入りレストラン

  1. タラのコロッケ。
  2. Tyris On Top
  3. 広東風の蒸した魚。
ページ上部へ戻る