旧市街のテラスで軽くご飯:Blanquita

旧市街のバル「Blanquita」でタパス

冷蔵庫が壊れていた間はお昼はその辺で持ち帰り用のパエリアやサラダを食べてしのぎ、夜は外食するという生活でした。

本当に冷蔵庫のありがたさを身にしみた日々・・・。わたしは新鮮な野菜や果物さえあれば文句言わずに生きていける人なのでレンジやガス台が壊れても1週間ぐらいはOKだけれど、この暑さで冷蔵庫がないのは本当に辛かったです。

いつも満席のテラス。

でもブログネタのためにはよかったのかな?

いつか行こうと思っていたバルにお邪魔できました。Blanquitaもその一つ。バレンシアの世界遺産であるLa Lonja(ラ・ロンハ)の裏の広場にある新しくできたバルです。今年できたばかりなはずだけれど立地条件の良さかテラス席(バル内は席はほぼありません)はいつも満席です。

角の赤いお店は昔からあるキオスコというBar。

「Blanquita」で食べた物

夕食だったので軽くつまむ程度に。ウェイターのおじさんがとってもおもしろい人でした。座って注文をしたら飲み物とともにお通しにタラのコロッケを持ってきてくれたのも好印象。

お通しのタラのコロッケ。おいしかったです。
魚介のフリッター。
普通のサラダ。レタスがイマイチだけどトマトはおいしい。
ジャガイモ、卵、辛くないシシトウに生ハムの切れ端。

立地条件は最高だしやっぱりテラス席は気持ちがいいです。この日は頼まなかったけれど、Bocadillo(ボカディージョ、スペイン風フランスパンのサンドイッチ)はかなりのボリュームでおいしそうだった。Bocadilloは日本人の女の子だったら2人で1つで全然いけそうなサイズです。

値段も旧市街で観光客が半分ぐらいのお店なのに安めでした。(2人で25ユーロぐらいだったかな?)特別感動した料理はなかったけれど・・・。

お通しも出してくれたし、またテラス席が空いている時にBocadillo(ボカディージョ)食べてみたいな!

店舗情報:バレンシア旧市街のバル「Blanquita」

  • 住所:Plaça del Doctor Collado, 8, 46001 València, Valencia
  • 電話:+34 963915966

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. バレンシア風パエリア(Paella Valenciana)
  2. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る