スペイン人の月曜日のお弁当はコレ!

月曜日はパエリア率高し

スペイン人と言うよりは、バレンシア人かな?

こんなタッパーに入れたパエリアを職場に持ってくる人多し!

バレンシアでは日曜日に家族揃ってパエリアを食べ、その残りをお父さんやお母さんがタッパーに詰めてくれるのでそのままお弁当として持ってくるんです。どの職場にも大抵レンジがあるので温かいパエリアを食べることが出来ます。

お義母さんのパエリア。

写真は日曜日にお義母さんがバレンシア風パエリア(Paella Valenciana)を作り、明日家事をしなくて良いようにと持たせてくれたもの。

お肉少なめで、ガラフォン(Garrafon、巨大な花豆みたいなもの)多目というわたしの好みを完璧に把握しているので、お肉は1個だけ。残りはお義母さんがランチに食べるので、彼女はお肉ばっかりのパエリアを食べるんでしょうね。彼女もどちらかと言うとお米やお豆の方がすきだけれど…これぞ母の愛ですね。

お義母さんは、わたしが彼女に全然電話をしなくても、友達と遊び歩いていて毎週顔を見せなくても、仕事が忙しくてランチ後すぐに家に帰っちゃっても、変わらぬ愛を注いでくれる体は小さいけれど、心は海のように広い人です。

美味しかったごちそうさまです!

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. バレンシアの『ほんとうの』パエリヤですね。
    調理師学校でも習いました。
    魚介類盛りだくさんのはマラガ人の作ったお土産ごはんだと。
    おいしそうです。
    豆 (いんげん)が必須なんですよね。

      • ナナイチ
      • 2014年 12月 03日

      Cazorlaさん、コメントありがとうございます。そして初めまして!
      おみやげゴハン! 面白い表現ですね。でも悲しいかな本場のバレンシアにも観光客目当ての魚介メガ盛りパエリアたまに見かけます。が、バレンシア人が美味しそうと目を輝かせるのは、地味ーな印象のバレンシア風パエリアです。
      ただ、こちらのパエリアは家庭で作られたもので、色なんかはちょっと本物とは違いますが…バレンシアの本物の家庭のパエリア(長い!)でしょうか。

      …ちなみに、義母はアンダルシア人で、おとなになってから初めてパエリアを食べたそうです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る