居住許可(permiso de residencia)の更新:その1

次の居住カードは永住カード!

悪夢の季節がやってまいりました。

わたしにとって夏は毎回10月始めに切れてしまう居住許可(Permiso de residencia)の更新手続きをする季節でもあるのです。

わたしの居住許可(配偶者がスペイン人ではないけれど働けるステイタス)はスペイン居住5年で、次の居住許可は俗にPermanente(正確にはLarga Duración)と呼ばれる永住許可になります。
永住許可とはいえ、5年に一度は新しいIDカードの申請が必要だし、その手続きをしなければそのまま失効、なのでまぁのんびり構え過ぎるのはだめだけれどわたしと同じようなステイタスには、この5年目っていうのは1つの節目だと思います。
(ちなみに、学生では居住=residenciaではなく、学生=estanciaなので何年学生をしても永住許可はもらえません。)

学生時代からここまで色々嫌な思いや大変な思いをして頑張って更新してきた居住許可。この手続きを最後に更新が5年ごとになるなんて夢のようです。(手元に新しいIDカードが手には入ったらパーティします!)

居住許可の手続きの仕方は3通り

  1. 居住許可更新手続きのお知らせの手紙が届くので、申請書類の中で変更があった部分は修正してRegistro Civilへ持って行く。
  2. 手紙が届かない場合は、所定のサイト(//www.cograsova.es/extranjeros/)に入り、自分のID番号やらデータをいれ、更新手続き申請用紙をダウンロード&記入してRegistro Civilへ持って行く。(自分のデータを入力するので、基本的には1)で届かなかった手紙及び申請用紙などが手に入るはずなのですが・・・)
  3. ネットでどうしてもうまくいかない場合は、2)の所定サイトから何もデータの入ってない申請用紙をダウンロード&記入してRegistro Civilへ持って行く。

2)と3)の違いは2)の場合はすでに自分のID番号を入れて自分用の紙をダウンロードするので何も変更がなければそのまま印刷出来ることかな。

ただ・・・今回わたしは1)の手紙が手に入らない可能性もあり(以前更新手続きをした住所に送られてしまう)、1)の手紙を入手するように動きつつ、同時進行で2)も準備しました。

でもオススメは絶対に1)です。というのも、2)を何度も試したけれどエラーが起きたり・・・あげくの果てに自分のID番号を入れて自分用の申請用紙が画面に現れているのに、手に入った1)と見合わせて見ると・・・違う内容のものだったり。

ってことであまりネットは信用できないのでした。頑張れスペイン・・・。あやうく間違った申請用紙で更新手続きをしてしまうところでした。
ま、これはたまたまかもしれません。去年わたしの同僚が2名ほど更新手続き(わたしより滞在期間が短いのでまだ2年ごとの更新)をしましたが、彼らはネットからちゃんと申請用紙をダウンロード出来たみたいですから。

取り敢えず最初の書類提出は完了

前回と変わったことが1つ。

それは、パスポートの前ページをコピーして持ってこいと小さな字で書いてあったこと。見逃すところでした。
わたし結構こういうペーパー関係ではナーバスになるので、ここ2週間ほどはパートナー君に嫌な思いをさせたかも。
ネットでうまく申請用紙がダウンロード出来ないときも付き合ってくれたし(結局WEBの仕事をしている彼がダウンロード&プリントアウトに成功)、一緒に申請書類の手紙も読んでくれた。お父さんは最近までずーっとフランスで働き、自分も小さいときは外国に住んでいたパートナー君、移民であるということが何であるのか身にしみているからか、嫌な顔せずにわたしのギャースカピーに付き合ってくれました。
本当に感謝してます、そしてごめんね! ・・・ま、これが外国人のパートナーを持つってことなのかなぁ。(←全然反省してない!)

ということで先日無事に申請用紙、新しい住民登録証(Empadronamiento)、手続きの費用20.40ユーロを払った証明(銀行振り込みようの紙)、パスポートの全ページコピーを提出してきました。

次は、また手紙が来るのを待って指紋採取、銀行振り込み(お金はまだかかります)、写真提出、IDカードの受け取り・・・と、まだまだ先は長いけれど取りあえず「期限が切れる60日前に手続きをする」という第一ステップはクリアしたし、書類提出時にも一発OKで受け取ってもらえたので取りあえずほっと一息です。

ちなみにバレンシアの書類提出場所(Registro Civil)は、Calle Joaquin Ballesterです。これも次の更新時には変わっていたりして。法律はコロコロかわるので、あくまでも参考として下さい。

また動きがあったときは記事をUPしします。あと少し頑張って永住許可ステイタスをGETしたら来年はJapan Railway Passで日本を旅行しまくるぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. 更新手続きは大変だとよく聞きますが、実際に体験したら本当にナーバスになりそうです。
    移住予定はないのですがすごくわかりやすくて勉強になりました。
    新しいIDカードと共にお祝いパーティー楽しんでください!!
    Japan Railway Pass も使えるようになるなんてうらやましいです。

      • ナナイチ
      • 2011年 9月 06日

      居住許可の更新、初めての居住許可申請(いわゆる労働VISAゲットから一連の騒動!)に比べたらたいしたことないんだけど・・・。

      毎回このことを考える度に胃がきゅーっとします。学生証の更新も入れるともう何回この手続きをしたんだろう・・・覚えてません。

      わかりにくい言葉で、わかりにくく説明してあって、毎年法律も変わって・・・昔は朝4時から書類提出に並んだり、受け取りにいったら3時間並ばされたりとかでしたが・・・最近は不況のためか労働許可を更新できる人(=現在雇用されているか、失業保険をもらっているなどの条件を満たしている人)が少なくなり、書類提出だけは拍子抜けするぐらい人がいません。

      いいのかな、わるいのかな?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. バレンシア風パエリア(Paella Valenciana)
  2. フィデウア。
  3. GAMBOAのフィデウア

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る