セレブ気取りで朝ごはん:マドリード「Café de Oriente」

高貴な雰囲気漂う「Café de Oriente」

マドリードの最初の宿は王宮が目の前のすごい立地でした。でも朝食なしだったので、毎朝マドリード中心部のカフェで食べ歩きしていました。マドリードの王宮が目の前の超有名カフェ「Café de Oriente」は、私のような一般人入っていいの?って感じの優雅な雰囲気です。

Café Oriental

1930年代を意識したインテリアだそうです。レストランは結構お高いんですが、朝食だけならばそれほど高くありません。

Café Oriental

普通のカフェよりも1ユーロ高いぐらい。インテリアや客層にちょっとビビるけれど、ご安心ください。庶民のわたしでも払える値段です。

メニュー。

窓際に座れば、王宮前を眺めながら優雅な朝食時間を過ごすことができます。

「Café de Oriente」で食べた朝食

Café de Oriente」では、マドリードでちらほら見かけたPicatostes(ピカトステス)を食べてみました。これは、簡単に言えば揚げパンに砂糖をまぶしたものですね。お供はホットチョコレート。

結構胸にぐぐっと来ます。感動ではなくて、胸やけのほうですが。バレンシアでは見かけない食べ物なので、試せて満足です。これも旅の醍醐味ってことで。

スペイン人夫は、Tortaを食べていました。サービスの人もびしっ制服を着ているし、優雅な気分に浸るには最高のカフェでした。

Picatostesを食べました。

英語も通じるので、観光客の方、王宮見学のついでにぜひ!

店舗情報:マドリード中心部のセレブっぽいカフェ「Café de Oriente」

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る