そんなスペイン語聞いたことありません・・・

スペインは南米からの移民が多いので、「えぇ、そんな言葉聞いたことない!」ってスペイン語が楽しめます(?)

わたしは南米には一回も行ったことないのに、同僚たちからたくさん新しい言葉を覚えました。(アルゼンチン人、ベネズエラ人、コロンビア人、ウルグアイ人と働いたことあります)

  • Boliche(ボリチェ):ウルグアイ人の同僚によると、バル、クラブ、ディスコの事らしいです。
  • Prender(プレンデール):Encender(エンセンデール)と同じで、火をつける、電気をつける、電源を入れる。
  • Mani(マニ):Frutos secos(フルートス セコス)ナッツ類のこと。ウルグアイ人はMaiz(マイス)、とうもろこしで使ってました。
  • Auto(アウト):Coche(コチェ)。車。
  • Anteojos(アンテオホス):Gafas(ガファス)。眼鏡。ベネズエラでは、Lentes(レンテス)でした。

書くと数え切れないのですが、さらに過去の活用まで違う。

「今週刺身食べたよ」だったら、以前のわたしだったらすぐに

「He comido un plato de sashimi esta semana」って言うけれど、南米系同僚は、

「Comi un plato de sashimi esta semana」だもんなぁ・・・。

なぜか単語は感染しなくても、過去形の活用はうつっちゃうんですよね。あとは、「Z」、「C」の発音が全部「S」に。これはわたしには簡単だからいいけれど、タイプするときに、あれ、これは・・・「Z」?「S」?と混乱することも。

今はまたスペイン人率の多い職場で働いているので大分「スペイン風な話し方」に戻りました。

でもこうやってしゃべる人に寄って流されてしまうのは、まだまだ修行が足りないってことですかね、がんばります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」
  2. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)

お気に入りレストラン

  1. タルタル。
  2. スペインの赤身肉最高!
  3. 初めて食べたSOPE。
ページ上部へ戻る