そんなスペイン語聞いたことありません・・・

南米人に教えてもらったスペイン語

スペインは南米からの移民が多いので、「えぇ、そんな言葉聞いたことない!」ってスペイン語が楽しめます(?)

わたしは南米には一回も行ったことないのに、同僚たちからたくさん新しい言葉を覚えました。(アルゼンチン人、ベネズエラ人、コロンビア人、ウルグアイ人と働いたことあります)

たまに、彼らが知らなくて日本人の私が知っていたバレンシア独特の単語とかもありましたけどね。

スペインでは使えないけど覚えたスペイン語

  • Boliche(ボリチェ):ウルグアイ人の同僚によると、バル、クラブ、ディスコの事らしいです。
  • Prender(プレンデール):Encender(エンセンデール)と同じで、火をつける、電気をつける、電源を入れる。
  • Mani(マニ):Frutos secos(フルートス セコス)ナッツ類のこと。ウルグアイ人はMaiz(マイス)、とうもろこしで使ってました。
  • Auto(アウト):Coche(コチェ)。車。
  • Anteojos(アンテオホス):Gafas(ガファス)。眼鏡。ベネズエラでは、Lentes(レンテス)でした。

書くと数え切れないのですが、さらに過去の活用まで違う。

「今週刺身食べたよ」だったら、以前のわたしだったらすぐに

「He comido un plato de sashimi esta semana」って言うけれど、南米系同僚は、

「Comi un plato de sashimi esta semana」だもんなぁ・・・。

なぜか単語は感染しなくても、過去形の活用はうつっちゃうんですよね。あとは、「Z」、「C」の発音が全部「S」に。これはわたしには簡単だからいいけれど、タイプするときに、あれ、これは・・・「Z」?「S」?と混乱することも。

今はまたスペイン人率の多い職場で働いているので大分「スペイン風な話し方」に戻りました。

でもこうやってしゃべる人に寄って流されてしまうのは、まだまだ修行が足りないってことですかね、がんばります。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る