マグロ-スペインと日本の以外な関係

スペインでも話題になった築地の初競り

築地市場で競り落とされた、マグロについての記事。(スペイン語です)

スペインでも記事になるぐらいなので、日本でも絶対ニュースになったはず。

342キロの北海道沖で獲れたマグロが300,000ユーロで競り落とされた話。去年もたしか同じような記事が掲載された気がする。なんで日本の築地市場での話がスペイン一の有力紙に掲載されるかって?

知っている人も多いとは思うけれど、実はスペインは日本に次いでマグロ捕獲量が多く、消費量も日本が1位で、スペインが2位だからです。だからみんな関心があるし、少し日本のことを知っていたり、日本食が好きだと、日本人はスペインのマグロを食べてるんでしょ?って聞いてきます。この記事にも書いてあるけれど日本で消費されているマグロの70パーセントはスペインでとれたものらしいです。

ということで、こちらの市場でもマグロ買えます。生で食べる時のポイントは・・・やっぱり日本人の厳しい目で色を確かめ、市場の売り子さんに、「これ、生で食べられるよね?」って聞くことかな。
そしてわたしは密かにお客さんをご招待する前は、自ら実験台となってます。まだ当たったことはありません。(昨日も実験したところです!)

ちなみに、スペインでは数年前よりレストランで出される生魚は、アニサキスが死滅するように事前に冷凍することが法律で決められています。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. これと同じ写真、朝日新聞に出てた。
    kantaがすごいまぐろがあるんだよって見せてくれたのだ~!

    • 去年も同じような記事が載ったんだよ、スペインで一番大きな記事に。Kantaにも楽しんでもらえるように写真一杯のせないとね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る