初体験!おふくろの味、Migas(ミガス)

初めて食べたスペイン料理Migas(ミガス)

彼氏のお母さんは、アンダルシア地方はグラナダ県のそれはそれは小さな山奥の村の出身。

お母さんに日曜日のお昼、Migas(ミガス)をご馳走してもらいました。いわゆるおふくろの味、彼女の生まれた地方の郷土料理です。

お母さんのMigasはセモリナ粉を使い、クスクスのような感じで食べます。

でもMigas(パンくず)という名前からも分かるように、残り物の固いパンで作るレシピもあるし、ミガスの種類もラマンチャ風ミガス、アンダルシア風ミガス、アラゴン風ミガスと色々あるみたい。
一般的にバレンシアではあまり食べない料理なので、初体験です!

お義母さんのMigas(ミガス)

作り方は至って簡単(お母さん談)。
セモリナ粉(Semola)を買ってきて、にんにくをみじん切りにして、オリーブオイル、水、セモリナ粉を弱火で炒め、塩で味を調える。それだけだそうです。
クスクスが好きな人は好きだと思う。

ミガスを炒めているところ

地方によって作り方も違えば、付け合わせが違うよう、数日前にわたしの同僚君(同じくアンダルシアはマラガ出身)は、あぁ、ミガス食べたい! 付け合せには、チョリソとお肉と・・・etcと熱く語っていました。

左から付け合わせのいわし、トマト、ピーマン、そして手前はメロンで奥がきゅうり!

お母さんのミガスの付け合わせでこれだけは外せない! というのは、ピーマンの焼いた物(オリーブオイルと塩でしっかりおいしく味付けしてあります)、ボケロン(Boqueron。oの上にアクセント記号)と呼ばれる鰯の小さいやつの揚げ物。

スプーンを使ってフライパンから直接食べます

そして本日はそれ以外にもおいしいバレンシアのトマト、きゅうり、メロンが付け合せに。切った野菜?メロン?それがねぇー、口がさっぱりしてものすごく合うんですよ! 特にきゅうりがお気に入り。写真を見ると、取り皿が用意されてないのがわかりますか? 自分が食べたいものを直接フライパンの自分に一番近いミガスの上において食べます。・・・あぁ思い出しただけでもよだれが!

チョリソやらお肉やらが付け合せではないので、たくさん食べれるものの・・・ミガスはあとからきます。あとからおなかのなかで水分を吸って膨張します。とても腹持ちのいい食べ物なのです。(前菜として、海老、オリーブオイル、サラミ、パンなども食べましたけれど)
大食いで、早食いのわたしは、お母さんの期待にこたえるべく(?)そして、日本女子の栄誉のために、食べて、食べて、食べまくりました。
夜は夜でソファで、DVD(しかも、ロード・オブ・ザ・リングのPart2でスペシャルバージョン3時間半超え)鑑賞。昼食を食べ過ぎた付けが回り、夕食はサンドイッチのみ。

なんて日曜日だ!! と思ったけれど、これが正しいスペイン式日曜日の過ごし方なのでした。

たまにはこんな日曜日もよいなぁ・・・(まるでいつも活動的みたいじゃないのさ!)お母さん、ごちそうさまでした。そしてMuchas gracias(どうもありがとう)。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • cacahceira
    • 2011年 10月 05日

    このミガスって料理、ここブラジルではfarofa(mandiocaつまり
    キャッサバの粉を炒めて作るつけあわせ)のことですね。
    年末スペイン再訪旅行をするので食事は気になります、
    またいろいろ教えてください。楽しいブログ気に入っています。

      • ナナイチ
      • 2011年 10月 05日

      はじめまして。ブログへコメント&ご訪問ありがとうございます!

      キャッサバ粉でも似た様なものを作るんですね、思わずWikipediaで調べてしまいました。ミガスは・・・付け合せというよりは、パートナー君家族ではまずミガスありきで、一緒に食べるピーマンやら、いわしがなんとなーく付け合せ風に感じるぐらいです。

      スペインはどちらにいかれるんですか? 色々なものが食べられるといいですね。わたしも食べることが一番の楽しみです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. 「アロス・アル・オルノ」(Arroz al Horno)
  2. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。
  3. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る