バレンシアの穴場なスペイン料理店:El Olmo

レストラン・バル

地元の人ばかりのスペイン料理レストラン「El Olmo」

普段は外食もアジア系やエスニック系の外食が多いわたしも、新鮮でよい素材を使った、昔ながらのスペイン料理がたまにたべたくなります。 たまにがつんとスペイン料理。(パエリアだけは別でいつでもたべたいけれど)

El Olmoのお昼のメニューをは16.50ユーロとちょっとお高めだけれど、それだけの価値はあり。
料理人の腕も確か。テーブルにはきちんとテーブルクロスがしかれ、テーブルセッティングもばっちりです。

El Olmoのランチメニュー

まずは表の看板で今日のメニューをチェック。スペインのレストランもお昼のメニューは外の看板に書いてあることが多いです。

表の看板で本日のメニューをチェックします。

おじさんが一人で厨房を切り回しているので、前菜2種類、メイン2種類しかないけれど、パン、デザート、飲み物、コーヒー付き。バレンシアのお昼のメニューの平均は大体10ユーロなので少し高めかな・・・。
でも、お昼のメニューは大抵、コーヒーかデザートを選ぶところが多いので、お得感はあります。

El Olmoで食べたランチ

前菜
野菜のクリームスープ or カプレーゼサラダ

メイン
ステーキ or スズキの焼いた物

手前がカプレーゼサラダ。カプレーゼってこんなのじゃないけど・・・。奥はスープ。

わたしは、カプレーゼサラダを。彼氏はクリームスープを。カプレーゼはカプレーゼではなかった。
いや、カプレーゼサラダって書かれている時点で何かがおかしいと気がつくべきだったのかも。でも、これはこれでおいしかったです。ミックスレタスに、わざわざ歯触りを考えてか皮をむいたトマト、クルミ、そして削った山羊のチーズ。仕上げには、スペイン料理にはかかせないおいしいオリーブオイル、塩とバルサミコ酢。

彼氏のスープもお家ではこんな風にはなかなかできないよなぁという感じ。ボリュームもばっちりです。昔ながらの量。

ステーキ。よいお肉使ってます。付け合わせも美味。

そしてメイン。二人ともお肉にしました。

ここのお肉がおいしいのはすでに実証済み。好みの焼き加減も聞いてくれます。また塩がおいしいんだなぁ・・・。

付け合わせはゆるめのマッシュポテトに、細かく切った野菜のソテー。一見普通に見える付け合わせもとてもおいしい。

いつも感動するのは、一人で働いているおじさんが、お客さんにおいしい料理をきちんとタイミングよく出せるように考えられていること。忙しいだろうに手抜きなし。

3層のミルフィーユ(Mil hojas)
ホワイトチョコレートのデザート

そしておまちかねデザート。

スペインのデザートやお菓子は食事で満足しても、最後にずっこけるところが多いけれど、ここではその心配なし。(今後スペイン移住やら滞在を考えている方々、是非日本でおいしいケーキなど食べまくって来てください。きっと恋しくなります)

今日のデザートは4種類で、カットされたパイナップル、イチゴとカスタードクリームのミルフィーユ(Mil hojas)、ホワイトチョコレートのスープ、そしていつもある自家製ティラミス(巨大です)。

夏の間にいつもあったイチゴのデザートが今日はなく、ミルフィーユにしましたが大正解。注文が入ってからパイ生地にクリームを挟むようで、パイ生地がさくさく! おじさんやるな! 妥協、手抜きなし。
彼氏のホワイトチョコレートのスープは、クリームよりはゆるめに仕上げられたホワイトチョコレートのスープにクッキーやら小さなチョコレートマフィン(暖かかったそうです)が飾られている物。

すでにお腹は一杯なのにも関わらず全部たいらげたわたしたち。夜は軽めに和食でした!

おじさん、ごちそうさま。

・・・あれ?本当はここのパエリアを食べに行ったのに・・・。残念ながら、お昼のメニューにパエリア見あたらず。ここのバレンシア風パエリア楽しみにしてたのにな! また行かないと、うん。

レストラン情報:El Olmo

  • 住所:Calle Alcácer, 26 Valencia, 46014
  • 電話:963 260 138
  • 地下鉄の3番線か、5番線のNou D’octubre駅で下車。地下鉄出口のほぼ目の前です。中心地にはないので穴場です。

スペイン留学・ワーキングホリデー・旅行に最適の保険を提案!
様々な保険会社やオプションから保険を選べる「イーコールズ」

盛 千夏

盛 千夏

スペイン庶民生活@バレンシアの運営&管理者。 スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。 バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。 家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

盛 千夏

盛 千夏

このサイトの運営者。1999年からスペイン在住。 本職は無料のスペイン留学エージェント。家族はスペイン人の夫+猫3匹。 趣味は料理と食べる事!

人気記事ランキング

  1. 1

    海外仕様Panasonicホームベーカリー:スペインで日本の食パンが食べたい!

  2. 2

    海外仕様Panasonicホームベーカリー:決定版の食パンレシピはこれ!

  3. 3

    スペイン・バレンシアで激ウマたらこ缶購入@ロシアスーパー「Baltika」

  4. 4

    海外仕様Panasonicホームベーカリー:実際に食パンを焼いてみた

  5. 5

    海外で薄切り肉!新しいキッチングッズ:ミートスライサー

  6. 6

    憧れのインスタントポット:ついにスペインのアマゾンで購入!

  7. 7

    バレンシアに日本人美容室「hairstudio ICHI」オープン!

  8. 8

    脱毛器ブラウンのシルクエキスパート(家庭用光美容器)購入&2か月使用レビュー

  9. 9

    スペインの激安ムール貝でムール貝のオイル漬け

  10. 10

    日本で買って良かった物:イワタニのカセットコンロ&鉄板焼きプレート

最近の記事
  1. ウエスカ・ピレネー旅行:大自然を満喫!初心者OKの乗馬体験「Caballos Sarvisé」

  2. ウエスカ・ピレネー旅行:Torla-Ordesaで絶品炭火焼きステーキ「El Duende」

  3. ウエスカ・ピレネー旅行:世界遺産の国立公園Ordesa-Monte Perdidoでトレッキング

  4. ウエスカ・ピレネー旅行:スペインの美しい村10選リスト入りアインサ(Aínsa)と隣村ボルターニャ(Boltaña)

  5. ウエスカ・ピレネー旅行:猫天国だったけれどちょっと外れだったシエステ(Sieste)の宿

  6. レザーを使ったアクセサリーがクールなマドリードブランド「CXC」でお買い物

  7. 居住許可更新にもつかえた!写真作成アプリ「Passport Phot Online」

  8. ID番号と期限は紐づけなし?2021年居住許可Larga Duraciónの更新手続き

  9. バルセロナ発のバッグ・小物ブランド「KRIS MÏKITA」で可愛いかごバッグ購入

  10. 何度もリピート!バルセロナのオーガニック化粧品ブランド「Kriim」の固形シャンプー

バレンシア留学無料サポート

ワーキングホリデー無料サポート

バルセロナ留学無料サポート

スペイン留学無料サポート

TOP