2016年火祭り人形コンクール開催中!

今年のExposición del Ninotの会場は芸術と科学の都市

去年までは、しけたNuevo Centro(ヌエボ・セントロ)呼ばれるショッピングセンターで開催されていましたが、今年は会場が変更に。

2016年はExposición del Ninot(エクスポジシオン・デル・ニノッ)の会場は、La Ciudad de las Artes y las Ciencias(ラ・シウダ・デ・ラス・アルテス・イ・ラス・シエンシアス、芸術と科学の都市)の、科学博物館一階部分の広いスペースです。

火祭り人形コンクールの会場はこちら!

ちなみに、わたしが大昔火祭りがなんなのかいまいち理解していないまま行った火祭り人形コンクールは、ルサファの市場内でした。

入場料は3ユーロで、3月15日まで開催中です。バレンシア滞在中の方はぜひ!

投票数が一番多かった火祭り人形は(NinotとNinot infantilの二つに分かれています)3月19日の最終日に燃やされずに、火祭り博物館に展示されます。

2016年の火祭り人形たち

もっと写真が見たい方は、「バレンシア・スペイン留学」のFacebookページをご覧ください。

ドン・キホーテがサンチョパンサとセルフィー。
今年の会場はとっても広いです。
東西美の競演? いつも日本と中国がまじりあっています。
火祭り人形。
これが、優勝するかなーって思いました。
相変わらず不正と汚職がはびこるスペイン。
火祭り人形。
有名なマノロおじさん。
火祭り人形。

わたしも夫も、Ninot Infantil(小さいほうの人形)は別々でしたが、Ninotカテゴリーは、女の子が扉を開けている人形に投票です。これは、ストーリーがあってすごかったです。ぜひ近くで見てくださいね!

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

おススメ記事

  1. フルラのミニバッグ風。

    春物購入:フルラのメトロポリス風の花柄ミニバッグ

    3月初めのお買い物は日本でも流行りのミニバッグ! バレンシア、今週は少し寒いですが先週までは…
  2. 「Yogurtia(ヨーグルティア)」で納豆作りました。

    ヨーグルトメーカーで納豆作りに挑戦@スペイン

    ヨーグルティアが我が家にやってきた! ひょんなご縁から、タニカのヨーグルトメーカー「Yogu…
  3. イベリコ豚。霜降り!

    劇ウマ豚肉を購入!:イベリコ豚専門店「dibéricos」@バレンシア

    ルサファのイベリコ豚専門店でおいしいお肉ゲット! Ruzafa(ルサファ)の市場近くに、イベ…
  4. 義母のアーモンド5キロ!

    日本の家族に一番人気のスペイン土産は義母のアーモンド

    義母の揚げアーモンド 前回の帰国で日本の家族が一番喜んだお土産は、義母が炒るアーモンドでした…
  5. 魚介のトマトソースパスタ。

    絶対リピ!美味&本場イタリアン「La Cantinella」@バレンシア

    辺鄙な場所の凄いイタリアン「La Cantinella」 バレンシアで一番のイタリアンはナポ…
ページ上部へ戻る