寒い日の料理:Fabadas Asturianas

スペイン北部アストゥリアスの郷土料理に挑戦!

先々週、先週とバレンシアは雨も降ってかなり寒かったのでスペイン料理、それも煮込みばかり作ってしまいました。

時間は掛かっても骨付き肉、チョリソ、生ハムの骨なんかをぶち込んで煮込み、後は塩で味を調えれば出来りのFabada Asturiana(ファバダ・アストゥリアナ)とCocido(コシード)を大量に作り、毎日同じモノを食べて寒い日々を乗り越えました。はい、料理手抜きしました。

ちなみに我が家暖房ありません。ラジエーターがあるんですが、猫がいるため部屋のドアを閉めないので暖房入れても部屋が暖かくなるまで時間がかかるのと、それほど室内の温度が下がらないので、温かい食べ物、飲み物、洋服で越冬しています。

材料はこれに塩だけ。
できあがり!
豆はたっぷりの水、チョリソなどはぬるま湯で1晩つけます。
この日は楽してこれだけのご飯…夜に野菜を食べました。

Fabada Asturianaは名前の通り、アストゥリアス地方の料理です。スペイン北部のアストゥリアスは雨も多く、緑豊かで私たちが想像する乾いた大地に照りつける太陽のスペインとはまったく違った土地柄です。
チョリソ、Pancetaと呼ばれる豚の脂身、Morcilla(モルシージャ、豚の血のソーセージ)が入っているパック(スーパーで2ユーロ程度)、生ハムの骨と豆を煮込んだだけのシンプルな料理です。でもすばらしい出汁がそれぞれのお肉から出るので、塩で味を調えれば失敗なしの料理です。

熱々を食べると、ものすごいカロリーが発熱して体がポカポカしてくる一品です。寒い冬にスペインに来ることがあったら是非お試し下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  2. こちらがフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る