アンダルシア旅行:アルプハラの白い村マイレナのホテル

仕事とバカンスを兼ねてアンダルシア地方を回って来ました。ルートはグラナダセビージャマラガ→ロケタス・デ・マル→マイレナベルハエル・エヒードアルメリアです。

10月18日~20日:ロケタス・デ・マル(Roquetas de Mar)とマイレナ(Mairena)に滞在(前回の記事「マイレナへの行き方」はこちらから)

マイレナ村への行き方は大体(?)分かったけれど、ホテルなどの宿泊施設はあるんでしょうか??

はい、あります! マイレナ村には2軒宿泊施設があります。

Alojamiento Viña y Rosales

こちらにはアパートメントタイプの宿泊施設もあり(ホテルに併設)そちらは2名350ユーロ/週、4名450ユーロ/週です。その他ピクニックランチ5ユーロ、トレッキングを楽しみたい人のために、マイレナから他の村へ荷物の輸送を10ユーロで引き受けて来るようです。

Las Chimeneas

ピクニックランチ、ウォーキングツアー、お料理教室などもやっています。どちらも町中の5星ホテルとは違いますが、宿泊者のレビューをチェックすると評判は良かったです。

宿泊せずに1日で見て回るには惜しい場所(交通の便も良くないし!)なのでみなさん是非ゆっくり滞在してみてくださいね。

これにてマイレナ村のレポートは終了! 次はBerja(ベルハ)のいとこのペパの家です。

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

偶然にもこんな本をみつけました。1920年~1934年にマイレナ村近くのジィェセン(Yesen)村に住み着いていた、イギリス人の書いた「グラナダの南へ スペイン農村の民俗誌」という本です。↓

 

ジェラルド・ブレナン著で、彼はスペイン関係の本をいくつか書いているようです。1920年代のウヒハルや、マイレナ村も家を借りる候補地だったなんて記述もありもあり、お義母さんのお父さん(パートナー君のおじいさん)が子供の頃の暮らしがわかるんじゃないかと興味津々です。単行本なので、写真もあるんじゃないかな? 読んでみたい! わたしはとりあえずKindle本で英語の原著(South From Granada)を見つけたので、原著から読み始めています。(和英辞書が付いているので読むのは簡単!)次は日本で単行本を手に入れたいなー。次回はジィェセン(Yesen)にも足を伸ばしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. こちらが絶品だったパエリア!
  2. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!

お気に入りレストラン

  1. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
  2. ビールの種類もたくさんあるみたい。
  3. マグロのタルタル。
ページ上部へ戻る