バレンシア旧市街のワインと創作タパスのオシャレなバル「El Tap i altres terres」

パエリアコンクールに出場した食のプロを満足させるバルって?

スエカ村の国際パエリアコンクールのためにバレンシア入りしていた、東京・豊洲「バルデゲー」のシェフ、スペインワインのインポーター2名、日本パエリア協会のパエリア・エバンジェリスト、おいしいものが大好きな留学生とバレンシア在住の日本人xスペイン人夫婦とわたしたち夫婦でディナー。

なかなか手ごわいメンバーだけど、どこへお連れしよう?

美味しいつまみでワインを飲みたい人向けのバル「El Tap i altres terres」

ワインの品ぞろえがよくて、日本では珍しい気の利いたものが食べられて、リラックスした雰囲気で…初めてお会いする人もいるので、サービスもそつがないところがいい。

ということで、バレンシアの旧市街にある「El Tap i altres terres」(通称「El Tap」)に決定。家から近くないのでたまにしか行きませんが、ワイン好きとの会食には使えるお店としてわたしの脳内データベースに保存されています。

「El Tap」の店内。

お料理は親切なオーナーのおススメと定番ものを中心に注文。ワインもしっかりアドバイスをもらいました。今日連れて行く人達は、ワインのプロとシェフだからと少々プレッシャーをかけてごめんなさい。

「El Tap i altres terres」で食べた物

お店の中の写真を撮っていますが、ちょうど気温が少し下がった日だったので、テラス席をお願いしました。お通しは、かぼちゃの冷たいスープ。パンにはちゃんとオリーブオイルがついてきます。

お通しのかぼちゃのスープ。

巨大なコロッケは、イベリコ豚の生ハムコロッケで、1個から注文可。

イベリコ豚のハムのコロッケ。

わたしが大人数の場合は高確率で頼むサラダ2種類。

バレンシアのトマトにMojama(モハマ、マグロの生ハム)・ツナ・酢漬けのイワシなどを盛ったサラダ。いろいろ上に載っていますが主役はバレンシアのシャクシャクして甘いだけじゃないおいしいトマトです。

バレンシアの美味しいトマト、モハマ(マグロのハム)、ツナのサラダ。

もう一つはBurrata(ブッラータ)というフレッシュチーズのサラダ。Burrataとはバターを入れたという意味らしく、その名の通り濃厚で少し甘みがあります。切ると生クリームとチーズがとろり。ナポリから仕入れているそうです。唯一の難点は、ものすごく大きいので1皿を4人で分けて食べるとちょうどよいということ。夫と2人の時は頼めないのが本当に残念…。

この店のウリ、ナポリのブラタチーズ。

お次は、バレンシアでよく食べる料理を2つ。

Coca(コカ)と呼ばれる、薄焼きピザのようなものです。「El Tap」には、数種類コカがありますが、わたしたちは本日おススメだった焼いたイカとナスのペーストのコカを。イカも新鮮だし生地もいい感じ。

焼いたイカとナスのペーストをのせたコカ。

Huevos Rotos(ウエボス・ロトス)と呼ばれる一般的なタパス。バルセロナだとHuevos Estrelladosだったっけ?? 地方によって若干名前が違いますが、ようはジャガイモをオリーブオイルで揚げ煮(あるいは揚げて)して目玉焼きをのせる、絶対に間違いないヤツです。

オリーブオイルで揚げ煮したジャガイモ、フォアグラ、モルシージャと目玉焼き。

生ハムやチョリソーを添えることも多いけれど、こちらは、フォアグラとMorcilla(モルシージャ、豚の血のソーセージ)が入っていました。贅沢!

そして最後はイベリコ豚のPluma(プルマ)と呼ばれる希少な部位のステーキ! 柔らかくて繊維もなく美味でした。日本ではなかなかなさそうなので頼んでみましたが正解でした。

イベリコ豚のプルマと呼ばれる部位のステーキ。

デザートは満腹だったのでパスしようかと思いましたが、オーナーからサービスでサフランのクリームにOrujo(オルホ)と呼ばれるリキュールのアイスクリーム添え、そしてブリオッシュのTorrija(トリハ、スペインのフレンチトースト)が出てきました。ごちそう様そしてありがとうございます。

サフランのクレマ・カタラナ。

ちなみに、9人で上記の料理にワインを4本+各自初めの1杯(ビール、カバ、ガス入りの水)で一人32ユーロとかなりお得でした。バレンシアの旧市街で美味しいワインでちょっとこじゃれたディナーを楽しみたい方には本当におススメのお店です! グラスワインの種類も豊富ですよ。

ワインとおしゃれな創作タパスを楽しむなら「El Tap i altres terres」

  • 住所:Calle de Roteros, 9, 46003 Valencia
  • Facebookはこちらから
  • 電話:963 91 26 27
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. 「アロス・アル・オルノ」(Arroz al Horno)
  2. メインの魚介のフィデウア。
  3. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る