本場アルジェリアのクスクス

アメッドおじさんお義父の大親友、アメッドおじさんはアルジェリア出身で、2人が何十年も前にパリの地下鉄建設の仕事をしていた時知り合ったそうです。

アメッドおじさんは優雅な年金生活者なのでよくお義父を訪ねてバレンシアまで遊びに来ます。わたしにとっては年に何度か会う「遠くに住んでいる親戚同士」と言った感じ。

年末の家族旅行でパリに行った時も、80才とは思えないフットワークの軽さで、空港からホテルまでの送迎、ホテルの手配(アメッドおじさんの甥っ子のホテルでした)そして食事までお世話になりっぱなしでした。

ちなみに、アメッドおじさんはスペイン語ができず、姪っ子のクララちゃんとわたしもフランス語が出来ないので会話はほぼ成り立っていないのですが、写真の通り(↑)本当の姪っ子や孫のように可愛がってもらっています。

本場アルジェリアのクスクス。前置きが長くなりましたが、タイトル本場アルジェリアのクスクスは、アメッドおじさんの家族が作っているもので、妹さんが故郷から25キロ(!)持ち帰っておじさんに分けてくれた物です。それをわたしたちに食べさせようとわざわざパリからバレンシアまで持ってきてくれました。

本場アルジェリアのクスクスはわたしが買う市販のクスクスとは違い、オフホワイトに近い色合いで粒1つ1つがツヤツヤ輝いていました。日本米みたい??

クスクスにかける絶品スープもアメッドおじさんが手作り。あまりの美味しさにわたしは1番におかわり。パートナーはクスクス自体があまりに美味しいので、おかわりのクスクスは何もかけずクスクスだけを味わっていました。

かわいいロボットの目覚まし時計そしてお義父から1月1日はわたしの誕生日だったと聞きつけ、なんとプレゼントまで持ってきてくれました。

パッケージや中に入っていたお店のカードを見ると(フランス語読めないので想像ですが…)パリ市内にいくつか店舗のある、お土産屋兼雑貨屋さんのようです。

80才のアメッドおじさんがどんな顔をして、言葉の通じない異国の女の子(まぁ、おじさんは80才なんで!)プレゼントを選んでくれたのかなと思うとジーンとします。アメッドおじさん、いつもありがとう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 中はふんわり軽いアイスクリーム!
  2. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」
  3. フィデウア。

お気に入りレストラン

  1. リベラちゃんおススメのTofu de Oro。
  2. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
  3. ステーキ。赤身がおいしい!
ページ上部へ戻る