春祭り(フェリア)inバレンシア

春祭り(Feria、フェリア)と言えば、セビージャが有名ですが、バレンシアでも毎年春祭りが開催されています。

2014年は、4月25日(金)~5月4日(日)。

バレンシアの村や町のアンダルシア協会がオーガナイズしているのですが、本場セビージャと違うのは、どのCaseta(カセタ、仮設小屋)も自由に出入りできること。自分の好きそうなCaseta(カセタ)に入り込んでセビジャーナスを踊ってもいいし、タパスをつまめるのは嬉しい。

会場には春祭りには欠かせない馬に乗った男女(男性も女性も華やかに着飾ります)、セビジャーナスやフラメンコ、タパスもあって、普段バレンシアでは感じることのない、アンダルシアの雰囲気を感じることが出来ます。

一番大きかったMislata(ミスラタ)のCaseta(カセタ)。子供たちが踊ってました。可愛い女の子。数は多くないけれど、アンダルシアの伝統的な衣装を着た女性たちも。馬に乗っていると3割増かっこ良く見えます。馬に乗っていると3割増かっこ良く見えます。後ろの女の子、最後落ちそうになっていました。馬はこれに乗って移動します。馬はこれに乗って移動します。一番左の女の子すごく可愛かったです。中々お得なタパス。Tortita de camaron(トルティータ・デ・カマロン)。日本の桜えびのかき揚げにちょっと似ています。Flamenquines(フラメンキネス)。生ハムを豚肉で巻いてパン粉をつけて揚げたもの。可愛い女の子のグループ激写。この子たちは何回かセビジャーナス踊ってました。ギターとカホンのコンサートが始まりそうです。

バレンシアの人は、普通セビジャーナスやフラメンコは踊れないので、カセタではアンダルシア風のタパスを楽しむ人が多かったと思います。血統的には、100%アンダルシア人のお義母さん、お義姉さん、わたしのパートナーももちろん踊れません。

会場ではコンサートや、フラメンコのショーもあるそうなので、興味のある方は是非行ってみて下さいね。中々の人出でしたよ!

場所などの詳細は、前回書いた、野外イベントについての記事をご覧下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 中はふんわり軽いアイスクリーム!
  2. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)

お気に入りレストラン

  1. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
  2. ビビンパ。
  3. マグロのタルタル。
ページ上部へ戻る