バレンシアでオシャレなブランチ「Dulce de Leche」

スペインで最近流行りのブランチ

スペインには伝統的にAlmuerzo(アルムエルソ)と呼ばれる朝のおやつの時間があるんですが、ビールにBocadillo(ボカディージョ、スペイン風バゲットサンド)ではなく、もうちょっとコジャレたものをブランチって最近では呼ぶようです。
そして日本では朝食兼昼食という位置づけのブランチですが、スペインではブランチを食べたら、ランチの時間を遅くすればイイって思っているような気がしないでもありません…。

バレンシアで一番オシャレな地区Ruzafa(ルサファ)のカフェ「Dulce de Leche」

ということで冬休みを利用し、仕事兼自分の楽しみのために普段は出来ないブランチをしてきました。

向かった先は、バレンシアで一番好きな雑貨店「SIMPLE」の姉妹店である、「Dulce de Leche」(ドゥルセ・デ・レチェ)
バレンシアで今一番オシャレなRuzafa(ルサファ)地区にあるパン&ケーキ屋さん兼カフェです。結構大きな店なんですが、土曜日なのもあってほぼ満席でした!(写真は全てクリックで拡大されます)

テラス席もあります。入り口も可愛い。店内ほぼ満席。始めはテラス席に座り、その後中へ移動。

わたしたちのお目当ては、大評判の5ユーロのブランチ。これに、オレンジジュースをつけると6ユーロになります。もちろんオレンジジュース付きで。

この日はピタ生地に、焼きナス、トマトソース、チーズ、フムスをのせたもの、ミューズリー、バナナ、ジャム入りのヨーグルト、カフェ・コン・レチェ(スペインのカフェオレ)+オレンジジュースでした。フムスが美味しくてビックリ。スペイン外食費は結構高いので、これで6ユーロはお得です。

ついでに美味しそうなケーキの中からストゥルーデルも頼みました。こちらもシナモンがきいていて美味です。これは人気が出て当たり前だなー。

Dulce de Lecheのブランチ。ストゥルーデルも頼みました。

お土産に、アルゼンチンのエンパナーダとレモンパイを買い、どちらも美味しく夕食に頂きました。他にも試したいケーキがたくさんあるので、1月の誕生日のケーキは作らないでココで買おうかな?

ケーキ。スペインのケーキとはちょっと違います。こちらはデザートと言うよりは、おやつや朝食系の甘いケーキやパン。クリスマスらしく、シュトルーデルも売っていました。アルゼンチンの甘い牛乳から作るクリーム「Dulce de Leche」がありました。

ケーキはどれも3ユーロから3.50ユーロ(持ち帰りの方が値段が安く設定されています)。店内も可愛いし、朝食セットは2.50ユーロからあります。家から遠いのがちょっと難点だけれど、これから足繁く通いたいと思います。

Dulce de Leche
住所:Calle Pintor Gisbert, 2 46006, Valencia
TEL:960 03 59 49

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。
  2. こちらが絶品だったパエリア!
  3. フィデウア。

お気に入りレストラン

  1. ビールの種類もたくさんあるみたい。
  2. 皮を向いたらロメスコソースをつけて上を向いて食べます。
  3. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
ページ上部へ戻る