これがオスタル?目の前のは王宮!「Hostal Central Palace」@マドリード

マドリード滞在中は、仕事も兼ねて面倒だけれど宿泊施設はマドリード中心部のオスタルに3泊、ホテルに3泊と移動しました。

初めの3泊はスペイン王宮が目の前のPlaza Oriente(プラサ・オリエンテ、オリエンテ広場)にある、「Hostal Central Palace」に宿泊。建物全部がホテルで、レストランがあれば間違いなく3星か4星ホテルクラスのオスタルでした!

立地最高の「Hostal Central Palace」

スペイン王宮が目の前、オペラも歩いて1分、並びの建物にはかつてスペインを代表する画家、ベラスケスが1652年から亡くなる1660年まで居住していたという、なともセレブな環境です。メトロ駅Opera(オペラ)も近く、夜は静かで、内装も古い建物にふさわしいものでした。(画像はクリックで拡大されます。)

Hostal Central Palaceの並びは、オペラ!カフェの奥、ちょうど女性たちが出てきたところが入口。目の前はスペイン王宮!Hostal Central Palaceの入り口。昔は馬車が入ってこれたのであろう広さ。

朝食スペースはありませんが、オスタルの下にはかの有名な「Café de Oriente」があり、お貴族様気分で朝食をとることができます。実際に、どう考えてもあなたは貴族の称号持っていますよね?的な人が普通に朝ご飯を食べるカフェです。

ちなみにホテルのオフィシャルサイトから予約をした人には、「Café de Oriente」の朝食が無料でついてくるそうです。
Hostal Central Palaceの廊下。きれいに改装されています。Hostal Central Palace 10広い室内。昔の一部屋が大きかったからかな?冷蔵庫、電子レンジ、電気ポット、お茶、食器やグラスの用意も万全。

受付は1階(日本の2階)にあり、ちょっと分かりにくいけれど、レセプションの人はとても親切で感じが良かったです。

アパートホテルではなくオスタル(Hostal)なのに、電子レンジ、冷蔵庫、食器、グラス、カトラリー、さらに電子ポットやお茶のセット(無料)までついていて、至れり尽くせりでした。3日以上の滞在になると、こういうの有り難いですね。

部屋も広くて、ホテルでも仕事をしなければいけない私には、とてもありがたかったです。オスタルなのにお部屋にシャンデリアがぶら下がっているし、これがホテルだったら1泊150ユーロぐらいしそうです。次はちょっとお高めだかれど、窓を開けたらスペイン王宮の見えるお部屋に泊まってみたい!

ホテル情報:Hostal Central Palace

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  2. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!
  3. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

お気に入りレストラン

  1. タルタル。
  2. マグロのタルタル。
  3. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
ページ上部へ戻る