ベジタリアンレストラン「La Tastaolletes」

レストランの外観カルメン地区のベジタリアンレストラン「La Tastaolletes」(←音が出るので注意)にベジタリアンのドイツ人の友達とランチで訪れました。

ランチメニューは10.50ユーロで、もう少し安い場所もあると思うけれどボリュームと料理のクオリティを考えると10.50ユーロは高く無いと思います。お肉はたくさん食べないけれど、お肉から出るコクや出汁が好きなベジタリアンではない私でも満足できます。

わたしたちはマッシュルームとくるみのポタージュを前菜に(丼のような大きなボールになみなみ)、メインはキヌアのリゾット風…だったと思う。きのこや野菜、そしてモロヘイヤのようなぬるっとした感覚があったと記憶しているけれど良く覚えていません。味はどちらとも合格でコストパフォーマンスはかなり良い思う。デザートはスペインらしく料理と比べるとちょっと劣るんだけれどまぁまぁでした。でもこんな巨大ティラミスは、丼ポタージュの後は全部たべきれない。

この日のメニュー。品数は多くないのになんであんなにテンパる? デザートも付いてきます。前菜のマッシュルームとくるみのポタージュ。丼かと言うようなボールにたくさん入っています。キヌアのリゾットのようなもの。優しいお味でおいしい。動物性脂を使ってないティラミス。巨大で食べきれない。

この日は二人とも4時から用事があったので(仕事&学校のお迎え)13時半のオープン直後に入店。冬だと言うのにポカポカ陽気だったのでテラスに座ったんですが…それが間違いだったのかな??

サービスが遅いしテンパっくると普通のサービスの子だけではなくオーナーまでが失礼な態度。ものすごく繁盛店でいつも激混みならばあと1人人を入れる…いや、ランチだし小さな店だし普通に3人のサービスで回ると思うんだけれど(わたしは元レストラン勤務)…。まぁスペインだからしょうがないのかな?

食べ終わっても一向にデザートは出てこない、時間が余りなかったので催促に行ったら「今やる!」と言われ、また忘れられ催促に行き、お会計も催促に行き、支払もお金を取りに来ないのでカウンターまで持って支払をして…最後には「今忙しいでしょ! 満席なんだから!」と若干キレ気味。えーっと、わたしたち一応お客さんでお金払って食べてるんですけど…とちょっとびっくりしちゃいました。日が悪かっただけだと思いたいです。

でも料理は中々だったし、友人と私の家から近く1時半にオープンするレストランで使い勝手はいいのでまた訪れて見ようと思います。でも次は忘却の彼方なテラス席ではなく、店内のテーブル席にします!

La Tastaolletes

住所:Calle de Salvador Giner, 6, 46003 Valencia
TEL:963 92 18 62

大きな地図で見る

日本もすごい。ベジタリアンドッグフード、ベジタリアンのためのラーメン、スープストック、動物原料&乳製品不使用ヴィーガンチーズ…いろんな物があるんですね。

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. こちらが絶品だったパエリア!
  2. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」

お気に入りレストラン

  1. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
  2. ビビンパ。
  3. この店のウリ、ナポリのブラタチーズ。
ページ上部へ戻る