市内のレストランでFideuá(パスタのパエリア):Casa Roberto

ノルウェーからお友だちが来ていたので、久しぶりにCasa Robertoへ行きました。

本来なら、わたしイチ押しのEl Olmoへ連れて行きたかったけれど、ライアンエアーで来るというので、飛行機遅れるかも・・・なんて思って予約できなかったのです。(それどころか予定より30分も早く到着しました)

ということで、お友だちのホテルの近くにある、何度か食べた事のあるCasa Robertoへ行きました。

以前は前菜のような生ハムやチョリソが勝手にテーブル中央に置いてあって、それを食べちゃうとあとからチャージされてしまうシステムでしたが、どうやらやめたようです。
他のテーブルの上にも何ものっていませんでした。以前のシステムすっごく嫌だったので(わからなくて食べちゃった人たくさんいると思う!)、これはポイントUP。

バレンシア産のおいしいトマトのサラダ。Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

お友だちのTさんが食べた事ないという、Fideuá(パスタのパエリア)を予約。Casa Robertoでは、必ず「Fino」(フィノ、細い)か「Gordo」(ゴルダ、太い)のどちらがいいか聞かれます。これはパスタの太さのことで、わたしのオススメは「Fino」(フィノ、細い)。細いパスタの方が魚介の出汁をよく吸い、カリカリお焦げが出来やすいから。

前菜は食べなくてもいいかなぁと思ったけれど、ちょうどバレンシア産のトマトがおいしい時期だったので、トマトのサラダを。巨大トマトの輪切りの上にツナのようなモノがのっていますが、これはタダのツナではありません。トロの部分を使ったツナなんです。

そしてお待ちかねのFideuá(パスタのパエリア)。バレンシアに来たらバレンシア風パエリアとともにこのパスタのパエリアは是非食べてもらいたいものです。今日も美味しかったです。あっという間に3人前をぺろりと食べちゃいました。

ところでパスタのパエリアは必ず魚介です。お肉系はみたことありません。どなたか理由を知っている方がいたら教えて下さい!

Casa Roberto
住所: C/Maestro Gozalbo 19
電話:963 951 528 / 963 951 361(2回線あるようです)

大きな地図で見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. あーーーーそのトマト食べたいー。
    Fallasのとき食べた感動がよみがえってきた。
    フィデウアもおいしそうだね。

      • ナナイチ
      • 2012年 10月 18日

      またトマト食べにおいで。今度はたくさん買って帰りなよ! パスタにしてもサラダにしてもガスパチョにしても、バレンシアのトマトは100点満点。

      フィデウアもおいしかったよ。でもやっぱりEl Olmoのおじちゃんのバレンシア風パエリアが一番!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。
  2. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!
  3. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。

お気に入りレストラン

  1. この店のウリ、ナポリのブラタチーズ。
  2. スペインの赤身肉最高!
  3. 広東風の蒸した魚。
ページ上部へ戻る