アンダルシア旅行:マラガのチュロス?

仕事とバカンスを兼ねてアンダルシア地方を回って来ました。ルートはグラナダセビージャマラガ→ロケタス・デ・マル→マイレナベルハエル・エヒードアルメリアです。

10月16日~18日:マラガ(前回の記事「マラガ」はこちらから)

18日マラガ最終日の朝ごはんはtejeringos(テヘリンゴス)という不思議な名前の物を食べました。
お店にtejeringos(テヘリンゴス)ありますと書いてあったので、これ何ですかって聞いたら「チュロスよー」と言われました。

Tejeringos(テヘリンゴス)ありますと書いてあるけれど、何の事?チュロスのような物でした。

バレンシアでみるチュロスとは違った形の、ホームメイドの熱々チュロスが出てきました。もちろん冷凍じゃないですよ。希望の本数が選べたので一人2本ずつ食べてエネルギーチャージはばっちりです。

バレンシアに戻ってきてtejeringos(テヘリンゴス)は本当にチュロスだったのかな? それとも違うものなんだろうか? と疑問に思いWikipediaでChurro(チュロ)と調べると地方により呼び名や形が微妙に違うようで、これもチュロスのようです。Wikipediaによるとセビージャやウエルバはcalentitos(カレンティートス)やmasa frita(マサ・フリータ)、ハエンはtallos(タジョス)、グラナダ、カディス、マラガはtejeringos(テヘリンゴス)、コルドバではjeringos(ヘリンゴス)とも呼ばれると書いてありました。
ちなみに、お義母さんはグラナダ県マイレナ村の出身ですが、tejeringos(テヘリンゴス)という言葉はしりませんでした。マイレナ村はグラナダ県にあるけれどアルメリアが近いからかな?

次回は、お義両親出身の「シエラネバダ山脈アルプハラの小さな白い村」をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • れいこ
    • 2013年 11月 18日

    おもしろいねー。
    チュロスの呼び名郷土史!(笑)
    元カレの実家があるカディスの山奥ではマサ・フリータって呼んでたけど、厳密にはチュロスとは材料が違うもので、酵母入りの発酵したものを揚げていたよ。チュロスは一般的には小麦粉と水と塩だけだもんね。

    で、その元カレの実家の村では、朝早くに、業者さんがその発酵した生地だけ売りに来て、それを各家庭で適当に揚げるの。思い出したわ。

    日本人にはちょっと重い朝ご飯だけどたまに食べると嬉しいし、体調良い時だとテンションあがるよね。

      • ナナイチ
      • 2013年 11月 18日

      れいこちゃん

      この後実はエル・エヒードでも朝ごはんに手作りのチュロスに似たようなものを出してもらったんだけど…それはPapaviejaって名前だった。じゃがいも入ってませんけど。マサ・フリータね、そんな酵母入りなんて手が込んでる! って思ったら業者さんが回って来るんだぁ。

      わたしもチュロスは年に1回ぐらいしか食べないけれど、そうなの、たまに食べるとなんだか楽しいし、元気がつくよね! よくわかります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。
  2. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  3. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」

お気に入りレストラン

  1. 生ハム、ルッコラ、トマト、モッツァレラのピザ。
  2. この店のウリ、ナポリのブラタチーズ。
  3. リベラちゃんおススメのTofu de Oro。
ページ上部へ戻る