2014年9月14日(日)開催!:スエカ村国際パエリアコンクール

今年もパエリアコンクールの季節になりました。
日本からも3チーム出場します、是非お出かけ下さい!

2013年のスエカ村国際パエリアコンクールは日本人シェフチームが4位入賞!

左が小林シェフ、右が栗原シェフ。このパエリアで4位入賞しました。並みいるスペイン人シェフを押しのけ、4位入賞し、国際部門1位に輝いたのは、門前仲町「バレ・パエージャ」豊洲「バルデゲー ららぽーと豊洲」バレンシア「Kamon」の若きシェフたち。ベテラン(=中年)スペイン人シェフの参加が多い中の大健闘です。

2013年のパエリアコンクールの結果はこちらから⇓
★ スエカ村パエリアコンクール突撃レポート!

2014年の日本からの参戦チームは3つ

2014年から、世界各地で、スエカ村の国際パエリアコンクールに出場するための予選が開催されました。日本からの出場枠は3つです。

7月には、スペインからも審査員が来日し、日本パエリア協会が主催した予選(豊洲・パエリア)で見事、1位:札幌「バル・エスパーニャ」、2位:川越「エル・ラガール」、3位:相模原「ソレアド」という結果となり、この3チームがスエカにやってきます。今年も日本人の入賞者が出るといいですね!

コンクール会場に行けば、頑張ってパエリアを作っている日本人シェフたちに会えます。是非お出かけ下さい。

スエカ村で開催されるパエリアコンクールの見どころ

薪の香りがお米にうつります。10時30分に参加者のシェフたちにパエリアの材料(皆同じ材料で作ります)が配られます。

ウサギや鶏肉を裁くところから見学そ、プロの技を盗みたい人は11時過ぎに行くと良いと思います。見学料などは取られないので、ずっと立ちっぱなし、煙に燻られっぱなしで疲れたら、近くのバルで一杯やるのも◯。

一番盛り上がるのは12時過ぎです。

テレビの取材もたくさん入るので、インタビューされちゃうかもしれませんよ? 調理が終るのは13時45分です。

コンクール参加者の作ったパエリアは食べられる?

残念ながら、食べられません。これらのパエリアは審査会場に運ばれてしまいます。ここには見学者は入れません。なので、バレンシアの市内に戻りランチをするか、村のバルでタパスもいいですね。

バレンシアからスエカのアクセス

バレンシアの駅からC1の近郊線でわずか30分でスエカに到着します。電車を降りたら、駅前の広場がパエリアコンクール会場なので迷うことはありません。近郊線が出る駅は、Estación del Norte(バレンシア北駅)です。
(時刻表の画像はクリックすると拡大されます。)

年に1回のお祭りです。この機会をお見逃しなく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  2. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」
  3. フィデウア。

お気に入りレストラン

  1. 初めて食べたSOPE。
  2. ビビンパ。
  3. 白身魚(ボラの一種)を焼いたもの。野菜の火入れが上手!!
ページ上部へ戻る