覚書:イベリコ豚の頬肉赤ワイン煮の作り方

美味しいイベリコ豚の頬肉を使って煮込み!

常連のイベリコ豚専門店「Dibéricos」で美味しそうな頬肉(Carrillada、カリジャダ)を発見! 赤ワインの煮込みを作りました。

いつも適当で分量は図っていませんが、この日はことのほか美味しく出来たので大体の作り方を自分の覚書にブログに記しておきたいと思います。

  1. イベリコ豚の頬肉の赤ワイン煮頬肉に小麦粉をまぶす。
  2. 圧力鍋にオリーブオイルを熱し、頬肉に焼き色を付ける。
  3. 肉を鍋から取り出し、今度は適当に切った人参、玉ねぎを炒める。
  4. 人参と玉ねぎに火が通ったら圧力鍋に赤ワイン、ローリエ、Sofrito(ソフリート)を入れ、圧力を10分かけ圧が抜けるまで待つ。
  5. 圧が抜けたら一旦肉とローリエを鍋から取り出し、鍋に残った野菜と汁をハンドミキサーにかける。
  6. 別のフライパンを熱し、マッシュルームをバターで炒める。最後に小麦粉を絡めておく。
  7. 肉を鍋に戻し、フライパンで炒めたマッシュルームを加え再度火にかけ塩・胡椒で味付け。
  8. 最後にイタリアンパセリのみじん切りを加えてひと煮たちしたら出来上がり。

イベリコ豚の頬肉の赤ワイン煮の残りでパスタ。超簡単な料理ですが、頬肉(Carrillada、カリジャダ)からいい味がでて最高です。

そしてスペイン人夫の楽しみはこちらのパスタ料理。

残った頬肉を割いてソースに良く混ざるようにし、パスタに絡めただけの超・時短料理です。リメイクとも言えないこの料理ですが、これがいつもバカ受け。

余りに喜ぶので、最近は1回目の頬肉の煮込みの時の付け合わせもパスタにしています。だから殆どおんなじ料理なんだけど…。ま、喜んでくれるならそれでいいか!

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!
  2. こちらが絶品だったパエリア!
  3. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」

お気に入りレストラン

  1. 白身魚(ボラの一種)を焼いたもの。野菜の火入れが上手!!
  2. ビビンパ。
  3. デザートクレープ。バターと栗のクリーム。
ページ上部へ戻る